「人生の全てをフラに捧げてきた」フラの伝統を伝えるイヴァラニ・カリマさんインタビュー

写真拡大 (全5枚)

世界最大のフラの祭典「2017年メリー・モナーク・フェスティバル」が、今年も4月16日から4月22日までハワイ島ヒロで開催されます。
世界中のフラダンサーあこがれのイベント
メインイベントの競技会は、フラ最高峰の大会として、世界中のフラダンサーのあこがれのステージ。今回、その団体部門に出場するハーラウ(フラスクール)のクム・フラ(フラの先生)「イヴァラニ・カリマ」にお話を伺いました。

イヴァラニ・カリマは、ハワイ島ヒロのクム・フラ。フラ界のレジェンド、故アンクル・ジョージ・ナオぺのまな弟子としてもよく知られている人物です。アンクル・ジョージは、メリーモナーク・フェスティバルの創設者のひとりでもあり、日本でいえば人間国宝のような存在。そのアンクルだけからフラを学び48年、イヴァラニはアンクルの伝統を伝えてきました。イヴァラニが主宰する「フラ・ハーラウ・オ・コウ・リマ・ナニ・エ」がメリーモナークに出場するのは、2006年以来11年ぶりとなります。
アンクルが私と分かち合ってくれたフラを皆さんとシェアしたい
「今年メリーモナークに出場すると決めたのは、いまがそのときだと思ったからです。アンクルが私と分かち合ってくれたフラを、私も皆さんとシェアしたい。アンクルのスタイルを皆さんにも伝えたい。アンクルのフラを守るためにも、出場するべきだと思いました。
アンクル直系のフラを引き継ぎ、メリーモナークで演じることは、大きなよろこびです。今まで学び、経験してきたすべてのことを、メリーモナークで披露できるのをうれしく思います。」

イヴァラニのハーラウで出場するダンサーは14人。中には、日本人も含まれています。
「今回の出場に、とてもワクワクしています。2006年に出場してから、あっという間に10年以上経ってしまいました。2006年に出場したダンサーはひとりだけで、その他のダンサーはすべて新しいダンサーたちです。彼女たちにとっては、初めてのメリーモナークのステージとなります。
今回出場するダンサーは、13歳から42歳。幅広い年齢層で一緒に踊るのは、大きなチャレンジでもあります。ダンサーたちは皆、メリーモナークに向けて1年以上練習してきました。私の姪もダンサーとしてステージに立ちます。また、私の姉がシンガーとして参加してくれますし、甥はアラカイ(クムのアシスタント)を務めてくれます。
新しい世代のダンサーたちにとって、メリーモナークのステージは特別な機会です。私たちはメリーモナークのステージを『フラ・パー』と呼んでいます。フラ・パーとは、本来、フラを踊るために作られた石造りのステージのことで、単なるステージとは異なります。フラを踊る際、最高位に格付けされているステージなのです。
フラの世界のベストの中のベストが集まるわけですから、メリーモナークで踊るということは、すべてダンサーたちにとって、最高の栄誉です。」
今回出場する団体部門「フラ・アウアナ(現代フラ)」と「フラ・カヒコ(古典フラ)」では、どんな曲を選んだのでしょうか?
「フラ・アウアナは『カマラニ・オ・ケアウカハ』です。この曲は、1982年、私のウーニキ(クムになるための卒業試験)の曲でもあります。アンクルからこの曲を学び、その後何年も踊ってきました。いわば私の"シグニチャーフラ"。私がパフォーマンスをするときは、必ずこの曲を踊ります。
ケアウカハは、私が生まれ育った場所。そのケアウカハについての曲を踊るのは、大きなよろこびです。その気持ちを伝えたいと思っています。フラ・カヒコは『ア・ハーマークア・アウ』。これは、私たちが『メレ・ホオ・イポイポ』と呼んでいる曲で、愛のチャントです。