夕方の時間になると、中国の小学校の正門前には子どもを迎えに来た親や祖父母でいっぱいになる。そして、親や祖父母が子どもの荷物を持ち、子どもたちは手ぶらで帰路につく。これが中国の日常風景であり、子どもたちだけで集団登校や集団下校することは都市部ではもうほとんど見られなくなった。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 夕方の時間になると、中国の小学校の正門前には子どもを迎えに来た親や祖父母でいっぱいになる。そして、親や祖父母が子どもの荷物を持ち、子どもたちは手ぶらで帰路につく。これが中国の日常風景であり、子どもたちだけで集団登校や集団下校することは都市部ではもうほとんど見られなくなった。

 中国メディアの今日頭条は3日、日本の子どもたちが親の付き添いなしで登下校する様子が映し出された写真を掲載しつつ、日本の子どもたちには「独立心がある」と称賛する記事を掲載した。

 記事は、中国の子どもたちといえば家族の寵愛を受けるのが一般的であり、親は子どもがわずかな傷を負うことさえ恐れると説明する一方、日本を旅行で訪れると、日本の子どもたちが親の付き添いなしで登下校する姿を見かけると指摘、「日本の子どもたちにはなぜこれほど独立心があるのか?」と問いを提起した。

 日本の子どもたちは中国の子どもたちとは大きく違っていると指摘しつつ、日本の子どもたちが自ら登下校できる理由について、「日本の親たちも子どもたちをとても愛しているが、それでも子どもたちを成長させる機会を浪費しようとはせず、独立心を培わせるためだ」と説明した。

 また、日本の多くの子どもたちは小さなころから親に「自分のことは自分でする」という道理を教え込まれると指摘し、またこうした道理をさらに発展させ、子どもたちにできる範囲で親の手伝いなどをさせることにより独立心を培わせていると論じた。

 さらに日本の子どもたちは親や教師から「チームワーク」の考え方を教えられており、それゆえに自分の同級生や友人に頼る習慣があると指摘、また日本の治安が良いことも手伝って、日本の子どもたちは親の付き添いなしで登下校することができると紹介した。

 記事はこの他にも日本の交通マナーが良いという要素にも言及したが、確かに中国は自動車優先社会であるため、路上の危険性についてまだよく理解できない小さな子どもたちにとって、親の付き添いなしで登下校するのはかなり危ないことだと言える。日本の場合、歩行者優先の原則が徹底されており、登下校を通じて子どもたちに独立心を学ばせることができる良い環境が構築されていると言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)