ヒールでのお疲れ脚を癒してくれる「お尻&太ももストレッチ」

写真拡大

新社会人の方や転職などされた方は、慣れないヒールでのお仕事で足腰が重だるい、脚がパンパン……なんてことになっていませんか? そんなときには放っておかず積極的にケアしていきましょう!

今回はストレッチ教室の現役講師である筆者が、ヒールでのお疲れ脚に効果が期待できる“お尻と太もものつっぱりを伸ばすストレッチ”を2つご紹介します。

明日からまたヒールで爽快に歩けるように、その日の疲れはその日のうちに!

1:大きい筋肉ケア!お尻・太ももの後ろを伸ばすストレッチお尻足かけ

画像:小川りょう

<ストレッチ方法>

(1)長座姿勢をとり、片方の足を曲げて、ひざを外側に向けるように倒し、伸ばした太ももの上に足先をのせます。そこで息を吐いていきます(ここではまだ片足を伸ばしている状態)。

(2)伸ばした足を曲げ、お尻の方へ引き寄せましょう。呼吸を続け、左右30秒ずつキープしましょう(上記画像の状態)。

<ポイントと注意点>

曲げた足の外くるぶしあたりを、伸ばした足の太ももひざ近くにのせます。かかとはできるだけお尻の方に引き寄せます。お尻・太もも後ろにストレッチ感が得られるところまで引き寄せて伸ばしていきます。

2:太もも前側を伸ばすストレッチ太もも伸ばし

画像:小川りょう

<ストレッチ方法>

(1)両膝を横に寝かすようにして倒します。

(2)太ももの付け根からひざにかけてまっすぐ伸ばしていき、呼吸を続け、左右30秒ずつキープしましょう。

<ポイントと注意点>

できるだけ骨盤が横に傾かないように気を付け、お尻を下に付けるようにするとよいです。

いかがでしたか? 今回はヒール脚でのお疲れなどに効果が期待できる、お尻と太もものつっぱりを伸ばすストレッチをご紹介しました。日々の疲れを溜めずに、よいコンディションでお仕事にのぞんでくださいね!

【画像】

※ 小川りょう

【筆者略歴】

小川りょう

25年のキャリアを持つ健康づくり指導者。外資系ホテルトレーナーを経て独立。エビデンスに基づく情報提供と、現場経験で培った指導スキルで、成人〜後期高齢者に至るまで対応、幅広い世代の顧客を持つ。気取らない人柄と自然体の指導が特徴。コンセプトは健康寿命の延伸であり、足腰運動スクワットの専門家。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士号。著書に「ココロ・カラダ塾」(幻冬舎ルネッサンス)。