岡田准一のことを称賛した日本映画界の重鎮・降旗康男監督

写真拡大

 俳優の岡田准一が4日、東京国際フォーラムで行われた映画『追憶』完成披露会見&舞台あいさつに、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、安藤サクラ、吉岡秀隆、木村大作キャメラマン、降旗康男監督とともに出席した。日本映画界のレジェンドとも言える降旗監督&木村キャメラマンから「高倉健さんに通じるものがある」と評された岡田は、「僕にとって高倉健さんは特別な存在。唯一無二の俳優なので、背中を追いかけて精進していければ」と語った。

 本作は、16度目のタッグとなる監督・降旗康男×撮影・木村大作で贈るヒューマンサスペンス。一つの殺人事件をきっかけに「刑事」「容疑者」「被害者」というかたちで再会した幼なじみ3人が、さまざまな思いを胸に対峙していく姿を美しい映像とともに描く。

 過去、数多くの作品で高倉健さんを撮ってきた木村キャメラマンは「健さんは基本的に受けて立つ芝居をされる方。特に好きなのは後ろ姿。健さんの後ろ姿に人生のすべてを感じる。ずっと撮っていられるんです」と述懐。そして「この作品は健さんの思いを込めた映像にしようと思った。そんな中、岡田さんの姿が健さんと被ることがあった」とコメントした。

 降旗監督も「身長は健さんの方が高いですが、斜め後ろからの姿は(2人とも)同じような人生を背負って生きているように感じました。気持ちとしては岡田さんが健さんを継ぐ俳優さんになってほしいと思って仕事をしていました」と岡田と撮影現場をともにした感想を述べた。

 また、会見のあとに行われた舞台あいさつでは、小栗や柄本が岡田のことを「屋久杉みたい」と表現して客席を盛り上げる。その理由を柄本が「芯が強くて幹も太い。地に足がついている部分も似ている。空、海、岡田准一みたいな。(岡田は)自然界のものみたい」と説明すると、会場は大爆笑。苦笑いを浮かべていた岡田が「長澤さんも昔から会うたびに『神』っていうんですよ」とつぶやくと、長澤も「『屋久杉』賛成です」と柄本らに同調。さまざまな角度から“称賛”され、岡田はタジタジの様子だった。(磯部正和)

映画『追憶』は5月6日より全国公開