3月末、オーストラリア北部をモンスター級の大型サイクロン「デビー」が直撃しました。

北東部の町エアー近郊も大規模な洪水に襲われ、ようやく水が引いたところ……。

陸地では決して目にしないはずの人食いザメが道路にいたのです。

 

Bullshark found on nigheborhood road in Australia


陸地で見ても恐ろしい姿!

ようやく洪水が引いたと思ったら、新たな恐怖を目撃することになり住民もびっくり。

オオメジロザメという種類で、ホホジロザメのサイズには及ばないものの最大4mに成長し、獰猛な性格で人間を襲うこともあるとのこと。


幸いこのサメは息絶えていたようです。

[画像を見る]
安全だよと女の子に触らせる男性。

[画像を見る]
水が引いても、なかなかの迫力。

[画像を見る]
オオメジロザメは海だけでなく淡水域にも進入することができ、現場近くの川辺には複数のオオメジロザメが目撃されたそうです。

救助隊によると、洪水後はサメ以外にも様々な水生生物が内陸に流されてくるので、注意が必要とのことです。

【洪水が引いたら道路の真ん中に「人食いザメ」がいた…オーストラリア】を全て見る