カルヴィン・ハリス/ファレル/アリアナ/ヤング・サグ、個々の魅力が際立つ異色コラボ(Song Review)

写真拡大

 2017年3月31日にリリースされたカルヴィン・ハリスの新曲「ヒートストローク」は、ドレイクの最新作『モア・ライフ』にも参加している人気ラッパー、ヤング・サグと、「ハッピー」(2014年)などの大ヒットで知られる、日本でも高い人気を誇るファレル・ウィリアムス、そして世界中の女子のカリスマ的存在、アリアナ・グランデの3者がゲストで参加した、異色のコラボレーション。

 参加したゲストだけでなく、これまでのイメージを覆す、脱・エレクトロサウンドも、カルヴィンのシングル曲としては異色。言われなければ彼の曲だと気付かない人も多いだろう。これまでリリースしてきた曲とは全く違う、新境地を開いたナンバーだ。

 制作には、カルヴィン、ファレル、ヤング・サグの3人に加え、リアーナの「ニーデド・ミー」や、ドレイクの「フェイク・ラブ」などを手掛けた人気急上昇中のトラックメイカー、スターラが参加。ファンクやディスコを取り入れた、どこかノスタルジックなナンバーで、ファレルのボーカルをトークボックスで加工したコーラスが、80年代っぽさを際立てる。

 アリアナのパートは、聞き心地が良いファルセットが続く。張り上げ過ぎず、ハイトーンを活かした軽めのボーカルワークが見事。カルヴィン・ハリスのタイトルだが、やはり主役はアリアナということだろう。レゲエのフロウのように軽く流す、ヤング・サグのラップもこの曲にピッタリだ。

 カルヴィン・ハリスは、1か月前の2月24日に、フランク・オーシャンとミーゴズをゲストに迎えたシングル「スライド」をリリースしたばかり。この曲も80年代風のディスコ・ソングで、2曲が収録される予定の新作は、EDMを離れ、こういった横ノリのブラック・ミュージックで固めるのかもしれない。その、5thアルバムのリリース情報は解禁されていないが、シングルが立て続けに発売されていることから、間もなくサプライズ・リリースされるのでは、とファンの間で話題になっている。


Text:本家一成

◎リリース情報
「ヒートストローク feat.ヤング・サグ、ファレル・ウィリアムス&アリアナ・グランデ」
カルヴィン・ハリス
2017/3/31 RELEASE
https://itun.es/jp/eBXUib