藤原さくら

写真拡大

藤原さくらのニューアルバム『PLAY』が5月10日にリリースされる。

【もっと画像を見る(3枚)】

映画『3月のライオン』後編にスピッツのカバーとなる主題歌“春の歌”を提供している藤原さくら。4月2日からはBSフジの番組『ポンキッキーズ』に出演し、春風亭昇々と共にMCを務めている。

1stアルバム『good morning』以来、約1年3か月ぶりのアルバムとなる『PLAY』には、“春の歌”や自身がヒロイン役として出演したドラマ『ラヴソング』の主題歌で、福山雅治が作詞作曲を手掛けた“Soup”および劇中歌の“好きよ 好きよ 好きよ”、『ポンキッキーズ』のエンディングテーマ曲“Someday”など全12曲を収録。

参加ミュージシャンにはYAGI & RYOTA(SPECIAL OTHERS)、秋田ゴールドマン(SOIL&"PIMP"SESSIONS)、永野亮(APOGEE)、H ZETT M(H ZETTRIO)、mabanua(Ovall)、鈴木シンゴ(Ovall)、関口シンゴ(Ovall)、Kan Sanoが名を連ねている。初回限定盤には“Someday”のPVと、2月に東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホールで開催されたライブの映像を収めたDVDが付属。アートワークはこれまでも藤原の作品を担当してきた藤田二郎が手掛けた。