やめときゃよかった…ヤマアラシを襲ったことを後悔してるに違いないヘビ

写真拡大

後悔先に立たず…これを痛感しているに違いないヘビがブラジルで目撃された。

上にある写真の「ボアコンストリクター」という種類のヘビである。

通称「ボアコン」と言われる最大のヘビで、全長が3〜4メートルになるものもいるという。

目撃されたボアコンがこちら▼

Focus HD/YouTube

Focus HD/YouTube

周りで犬が吠えたてているので、鎌首をもたげこちらを威嚇している。

が、ご覧のとおり何か変。体中に無数に棘の様なものが刺さっているではないか。

実は、このヘビはヤマアラシを食べようと襲いかかったが、逆襲され、その棘が刺さってしまったという。

よく見ると棘は口の中にも…

Focus HD/YouTube

Focus HD/YouTube

まさに満身創痍でのたうち回る姿は痛々しく、その上犬にまで吠えられて気の毒な限りだ。

「ヤマアラシなんて襲うんじゃなかった」と思っているに違いない…。

同動画は先月30日の投稿以来、再生回数は280万回を超え、「生まれて初めてヘビに同情したわ」「バカなことしなきゃよかった…と思ってるだろうな」「見てるだけで体が痛くなる」と、多くの同情を誘っている。