昨年登場した新MacBook Proはスリム化を進めるためか、長らく用いられてきた充電コネクターMagSafeが廃止され、USB Type-C(USB-C)ポートで充電を行う形式となりました。しかし、ここに来てAppleがMagSafeのような特許を新たに取得していることが分かりました。

MagSafeファンに朗報

MacBookシリーズの「顔」とも言えるMagSafeは、名前のとおり磁石を活用し、つまむ角度によっては容易に取り外せるのに、水平に引っ張ってもまったく抜けないという特殊な技術から、多くのMacBookを不慮の「落下事故」などから救ってきました。
 
そのため、MagSafeの代わりにUSB-Cが充電コネクターとして採用されると分かった時は、少なくないユーザーが失望したものですが、Appleも彼らの思いを汲み取る用意ができたのかも知れません。新たに同社が取得した特許では、USB-Cポートに接続するドングルとして、従来のMagSafeコネクターを使用できるようにするつもりである様子が確認できます。
 
magsafe 特許 usb-c
 
すでにクラウドファンディングのKickstarterなどで同様の製品が展開されていますが、特許が実現した場合、純正アクセサリーとして販売される可能性が高そうです。
 
 
Source:Mashable
(kihachi)