うーむ。なんという敗北感。

車で牽引するキャンピングトレーラーはサイズに制約が少ないことから、大型なものからまるで家のような形のものまでさまざまなタイプが存在します。しかし、やはり移動式の住居でも快適に過ごしたいもの。キャンピングトレーラー『Tremor』はそんな願いを叶える、室内装備にとことんこだわったモデルです。

とくとご覧ください。オーストラリアのメルボルンに拠点を置く「Lotus Caravans社」から登場した、こちらのキャンピングトレーラー。その快適さを求める設計思想は、大きなタイヤ、サスペンション付きの牽引機構といった足回りにまで反映されています。モデルによって全長は多少変わりますが、車体の全長は約6メートルから約7メートル。決して小さなサイズではありませんが、牽引に苦労するほどでもありません。

自宅より豪華なキャンピングトレーラー









このキャンピングトレーラーのセールスポイントは、なんといっても室内の豪華さ! 一般家庭用にも劣らないソファやテーブル、キッチン、シンク、オーブン、冷蔵庫、電子レンジ、エアコン、照明、シャワーにトイレ……まるでモデルルームのようです。インテリアは圧倒的に僕の家より充実していますね〜。

選べる3タイプ





このトレーラーは全長が19.6フィート(約6m)モデル、20.6フィート(6.3m)モデル、22フィート(約6.7m)モデルの3タイプ構成。それぞれで若干内装のレイアウトが変わりますが、充実したインテリアや家電などの装備、そして大きくて快適そうなベッドが設置されているのは全タイプ共通です。

休日は離れで暮らしたい……を実現





日本からの注文に対応してくれるかはわかりませんけれど、『Tremor』の注文は公式サイトやディーラー経由でどうぞ。こんな快適なキャンピングトレーラーを所有していたら、それこそ家に帰る理由がなくなるかもしれませんね。

文/塚本直樹

関連サイト



『Tremor』製品ページ

関連記事



住める王蟲!? 90秒で支度できるトレーラーテント『Air Opus』が便利そう

牽引するのは、もはやただの家。キャンピングトレーラーもここまで来たか…

もうコレに住めばいいじゃん!? どう見ても家っぽいキャンピングトレーラー