写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ドスパラは4月4日、同社運営の「上海問屋」にて、フルHDドライブレコーダー「DN-914729」を発売した。価格は税込4,999円。

DN-914729は、エンジンをかけると自動で録画を開始するフルHDドライブレコーダーだ。1分 / 2分 / 3分 / 5分ごとに新しい動画ファイルを作成。メモリカードの容量がいっぱいになると、古いデータから自動で上書きして録画を繰り返す。Gセンサーを搭載し、衝撃を感知すると録画中の動画ファイルを自動でロックする。また、駐車中に外部からの衝撃を感知すると、自動で録画を開始し約10秒間記録する。

ワイドダイナミックレンジ機能により、夜道やトンネル内、逆光の状況でも細部まで記録。4灯赤外線も搭載しており、夜間でも鮮明に録画できるという。レンズのF値は2.0。視野角は水平120度(記録画角106度)で、横からの飛び出しも記録する。本体サイズはW83×D32×H49mm、重量は約110g。