WINNER、ナム・テヒョン脱退後の心境を告白「悩んだがこれ以上、待たせてはいけないと思った」

写真拡大

別れは、デビュー3年目のWINNERにとって過酷なものだった。ナム・テヒョンが健康上の問題によりグループを離れたのだ。辛い時間だったが、4人組のWINNERは挫折も恨みもしなかった。再び1つになったメンバーたちはさらにカッコ良い姿でファンたちのもとに戻ってきた。

WINNERは4日午後4時、全音楽配信サイトを通じて1年2ヶ月ぶりの新曲「REALLY REALLY」と「FOOL」を発売した。彼らはこの日、ソウル麻浦(マポ) 区西橋洞(ソギョドン) で取材陣に会い、これまでの心境やカムバックについて打ち明けた。

WINNERは昨年11月、メンバーのナム・テヒョンがグループを脱退し、4人組に再編された。カン・スンユンは「ナム・テヒョンが健康上の問題により一緒に活動できなくなった。大変だったのも事実だ。仕方ないと思う。それよりは実はファンの方々が心配だった。どうしてもナム・テヒョンを愛してくださるファンの方々が多いじゃないか。そしてナム・テヒョンがメインボーカルとしても頑張ってきたため、そのような悩みがあった」と明らかにした。

また「だからといって、そんな悩みだけで夜を明かすことはできないじゃないか。これ以上ファンの方々を待たせてはならないと思った。まずはカムバックをしなきゃと思って、とにかく制作に取り掛かった。彼の不在を感じないように、個人的な開発をたくさんした。成長するほかなかった」と打ち明けた。

キム・ジヌは「ナム・テヒョンが抜けてボーカルパートが増えた。それに対して、曲をどのようにこなせばいいかたくさん考えた。ボーカルにさらに集中した。休んでいる期間に授業もたくさん受けて何度もレコーディングした。そうやって練習に練習を重ねた」と話した。

また、カン・スンユンは「今は4人になったので、謙虚に受け入れるべきだと思う。ファンの方々の心の中には5人が永遠に残っていると思う。5人組のWINNERを消したくはない。4人組のWINNERもたくさん愛してほしい」と呼びかけた。

YG「2NE1解散」「WINNER ナム・テヒョンの脱退」を電撃発表

“WINNER脱退”ナム・テヒョン「音楽をやりたい気持ちは変わらない」SNSでファンにメッセージ