ストリングスホテル名古屋の外観/※画像はイメージ

写真拡大

2017年4月1日に名古屋市港区にグランドオープンしたテーマパーク「レゴランド(R)・ジャパン」。このテーマパークのオフィシャルパートナーホテルとして、「ストリングスホテル名古屋」が新たに加わった。同ホテルは「レゴランド・ジャパン」の最寄駅のあおなみ線「金城ふ頭」駅と同路線の「ささしまライブ」駅の近くに位置するホテルで、「レゴランド・ジャパン」まで約30分で行くことができる。オフィシャルパートナーホテルのなかでは、もっとも交通機関の便がよいホテルと言えそうだ。

現在、「レゴランド・ジャパン」のオフィシャルパートナーホテルには、名古屋市内の7つのホテルが加盟している。これらのホテルでは、1DAYパスポートが付いた宿泊プランを販売しているほか、今後各ホテルでさまざまな企画を展開予定だ。そんな、オフィシャルパートナーホテルである「ストリングスホテル名古屋」でも、1DAYパスポート(宿泊当日分もしくは翌日分)が付いた特別プランの宿泊予約を受付けている。

この特別プランは、1DAYパスポート付きの“宿泊のみのプラン”と“朝食付きのプラン”の2種類。宿泊費用は、2名1室でスマートツインの部屋を利用した場合、大人1人あたり1万4000円(宿泊のみ)からとなっている。朝食付きプランなら、1万6000円から受付けているぞ。朝食は、目の前で調理する様が楽しいライブキッチンや味噌仕立ての「きしめん」が食べられるブッフェスタイル。

また、これらの特別プランでは、添い寝の子ども用の朝食や1DAYパスポートもホテルのフロントで手配(別途料金が必要)してくれるので、予約時に相談してみよう。

同プランの強みは何と言っても、「1DAYパスポート」が“ホテルのフロントで手に入れられる”ところ。「レゴランド・ジャパン」の入場制限の時でも、この宿泊プランを利用すれば確実に入場できる。また現地でのチケットの引き換えも不要なので、スムーズに入れるのもポイントだ。「ストリングスホテル名古屋」をはじめ、オフィシャルパートナーホテルの宿泊プランを利用するのも、オープンしたばかりの「レゴランド・ジャパン」を快適に楽しむ方法の一つだろう。【東海ウォーカー/淺野倫孝】