(左から)長澤、梅崎、関根、李、遠藤、宇賀神、柏木。浦和の7選手が協力を呼び掛けた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

 プロサッカー選手中心のアスリートによる寄付団体NPO法人「SPOON FOUNDATION」の発足発表記者会見が4月4日、都内の日本記者クラブで行なわれた。
 
 記者会見には同団体のアスリートアンバサダーに任命された浦和の李忠成、遠藤航、宇賀神友弥、柏木陽介、同賛同選手の長澤和輝、梅崎司、関根貴大が参加した。今後、同団体は『SPOONサポートプロジェクト』を展開。プロサッカー選手、プロ・アマスポーツ選手からの賛助、さらにWEBを活用してファン・サポーターから募金を集め、国連WEF(国連世界食糧計画)に寄付して、世界の子どもたちに給食を提供する。
 
 アスリートアンバサダー15人、他の賛同選手100人(2017年現在)。第1号として、李がこのプログラムを通じて、昨年のルヴァンカップ決勝でMVPに輝いて獲得した賞金100万円を寄付した。
 
 発起人の李は「多くのサッカー選手の仲間たちの協力を得て、この活動をスタートできることを誇りに思う。多くの方々に感謝したい。子どもの頃から憧れていたのは、ただ単に巧いだけではなく、社会貢献を通じて夢や希望を与えられる選手。ひとりの力は小さいが、発足時点で、これほど多くの賛同を得られたことは奇跡。嬉しく思う」と語った。
 
 また、ルヴァンカップ決勝MVPの賞金を寄付したことについて、「チームのみんな、サポーター一人ひとり、そのいろんな想いの詰まった100万円。その想いが子どもたちの笑顔につながってほしいと思った」と説明。「給食があれば学校に通うことができる。将来、このプログラムから世界で活躍するサッカー選手が生まれることを楽しみにしている」と“夢”を語った。
 
 アンバサダーを務める柏木は「スポーツを通して世界の子どもたちが幸せになれると夢見て、応援したいと思った。僕たちのサッカーを通じて元気づけられると思い、活動に賛同しました」と語った。

 また、「僕も貧しかった時代を経験しているが、それよりも貧しい方たちがいる……。そういった方たちをもっと幸せにしたい、そして夢を持ってもらいたいと思い、このプロジェクトに参加させてもらいます。皆が幸せになれる世界を作っていけたら良いなと思います」とメッセージも寄せた。
 
 
 これまで東北や熊本への震災支援を展開してきた梅崎は、「仙台への支援や鳥栖時代の林選手(現・FC東京)と熊本の子どもたち100人をスタジアムに招待するなど、個人的な活動をしてきたが、より大きな活動になると思う。プロサッカー選手の大きな枠で、さらにいろいろなスポーツ選手を巻き込んで展開したい」と想いを伝えた。

 昨年までケルンでプレーした長澤は「特にアフリカの選手は率先してスパイクを集めて子どもたちに贈るなど、様々な支援を個人で行なっていた。日本からそういった何かしらの支援をできないかと思っていたなか、李選手からこのプロジェクトの話を聞き、素晴らしいと思った」と、活動の趣旨に賛同した理由を語った。

 なお、ファンやサポーターからの寄付の協力は、ホームページを通じてお願いしている。詳細は下記ホームページまで。

http://spoon.gives/
 
【SPOONアスリートアンバサダーは以下のとおり】
 
▽浦和=宇賀神友弥、遠藤航、柏木陽介、李忠成 
 
▽神戸=高橋秀人、渡邊千真
 
▽柏=大谷秀和、中村航輔
 
▽大宮=加藤順大
 
▽磐田=宮崎智彦
 
▽広島=青山敏弘 
 
▽新潟=田中達也
 
▽清水=鄭大世
 
▽札幌=都倉賢
 
▽鳥栖=豊田陽平
 
取材・文:塚越 始(サッカーダイジェスト編集部)