チュニジア首都チュニスの南東約60キロに位置するハマメットのビーチ(2016年6月18日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】チュニジアのナイトクラブで、英国人DJがイスラム教徒に礼拝の時刻を告げる呼び声をアレンジした曲を流していたことが分かり、当局は3日、このナイトクラブを閉鎖し捜査を開始したことを明らかにした。

 問題の曲は先月31日、同国北東部ナブール(Nabeul)の人気のリゾート地、ハマメット(Hammamet)近くのナイトクラブで、音楽祭の一環で開かれたパーティーで使用された。

 礼拝の呼び声が盛り込まれた曲に合わせて人々が踊っている様子を収めた動画が2日以降インターネット上で拡散すると、ソーシャルメディア上で大きな議論が巻き起こった。

 ナブール県知事はAFPに対し、捜査が開始されたことに加え、ナイトクラブ経営者を「風紀の紊乱(びんらん)と、礼節を欠く行為で市民の怒りを扇動」した容疑で拘束したことを明かした上で、「宗教心や聖なるものへの攻撃は許さない」と述べた。

 宗教問題省も声明を出し、「国民の意見や宗教原理を嘲笑する行為は断固容認しない」と批判した。
【翻訳編集】AFPBB News