MF和泉竜司が右膝内側側副靭帯損傷で全治約6週間と診断された

写真拡大

[故障者情報]

 名古屋グランパスは4日、MF和泉竜司が右膝内側側副靭帯損傷で全治約6週間と診断されたことを発表した。和泉は1日のJ2第6節ロアッソ熊本戦(5-1)で負傷。今季はここまでフルタイム出場を続けていた。

 また、名古屋は同日にキャプテンのFW佐藤寿人が右ハムストリングス筋損傷で全治約6週間と診断されたことも発表。シーズン序盤に主力2人を同時に失うことになってしまった。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ