<在英エクアドル大使館に匿われているアサンジが、エクアドル大統領選の期間中、ウィキリークスの内部情報を使って自分に有利な候補を応援していた。選挙への「介入」という批判が出ている>

今週2日、南米エクアドルで、大統領選の決選投票が行われた。

即日開票された結果によると、勝利したのは現職ラファエル・コレア大統領の後継者で、同じ反米左派の与党候補レニン・モレノ前副大統領(64)。

対抗馬だった野党で右派の元銀行頭取ギジェルモ・ラソは敗れたが、最近の選挙ではもはやお決まりの「不正操作」「再集計」という結果への疑義の声を上げている。それでも、モレノの勝利が揺るぐことはないだろう。

エクアドルの選挙は世界的にも大きな注目を浴びた。その最大の理由は、エクアドルが在英エクアドル大使館で、内部告発サイト・ウィキリークスの創設者であるジュリアン・アサンジを2012年から保護しているからだ。

大統領選でも、アサンジの処遇が取り上げられ、モレノは現状維持で保護、ラソは勝利すればアサンジを30日以内に大使館から追放すると息巻いていた。

今回の選挙によって、アメリカに身柄を引き渡されて起訴される可能性もあったアサンジは、命拾いしたことになる。

【参考記事】ウィキリークスはCIAを売ってトランプに付いた

ウィキリークスを私物化

エクアドル大使館に残れる気配が濃厚になってくると、強気になったアサンジは舌鋒なめらかになった。自分に否定的だったラソが敗れるという選挙結果を聞いたアサンジは、「心から」ラソに30日以内にエクアドルを去ることを勧める、とツイートした。

そんなアサンジだが、この大統領選ではウィキリークスを私物化しているのではないかと、専門家などからの指摘を受けた。

それはアサンジが、自らの処遇に多大な影響を与えることになるエクアドルの大統領選に、明らかに「介入」したからだ。大統領選の期間中、ウィキリークスはアサンジを追い出すと主張していたラソに対するネガティブ・キャンペーンを張った。

アサンジは、ウィキリークスが内部告発で入手した機密書類などを保身のために使ったのだ。つまり、内部告発の目的で提供された情報を自分の利益のために利用したことになる。

山田敏弘(ジャーナリスト)