写真提供:マイナビニュース

写真拡大

PFUは、ドキュメントスキャナ「ScanSnap iXシリーズ」とクラウドサービスを直接つなげる「ScanSnap Cloud」に、TKCが提供する「TKC証憑ストレージサービス」との連携機能を公開したと発表した。

TKC証憑ストレージサービス」は、電子帳簿保存法(スキャナ保存制度)に対応しており、証憑(請求書/領収書/レシートなど)を電子化した画像データをTKCのデータセンター(TISC)に保存するサービス。電子帳簿保存法の要求画像に対応しており、クラウド会計サービスと連携して利用が可能。

今回の連携により、直接レシートを電子化し「TKC証憑ストレージサービス」に取り込むことができる。取り込んだ画像データは、金額/日付/取引先の情報が自動認識されて文字データとして入力されるため、仕訳入力を省力化できる。また、取り込まれたデータには、タイムスタンプが自動的に付与されるという。

(丸山篤)