ツアー客の眼前、巨大ザメがオットセイをガブッ

写真拡大

ホホジロザメをツアー客が観察していると、そこにオットセイが姿を現した。もちろんサメにとっては格好の獲物。追いかけるサメ、くるくると逃げ回るオットセイに観客は悲鳴とも歓声ともつかない声を上げている――(https://www.youtube.com/watch?v=kkpdHljtoCo)。

南アフリカでは、ホホジロザメをケージから観察できるシャーク・ケージ・ダイビングが行われており、餌でおびき寄せてその生態を観察できるという。そんなツアーの最中に姿を現してしまったミナミアフリカオットセイ。船から餌がもらえると思ったのか、サメのいる海面へと近づいてくるが……。

素早く旋回しサメを翻弄するオットセイ、だがサメもさすがのハンター、最終的にオットセイをガブッ。観客も興奮状態で大きな悲鳴が海上に響く。この様子を収めた動画は、欧米の複数のメディアで取り上げられることになった。

ネットでは「なんだろう…人生を感じる」「サメの生態を見学しにいって、実際に本当の生活を見られたわけだから、これは得がたい体験だ」「オットセイもサメも人間のエゴ、餌によって生活を狂わされたのでは無いか」「かわいそうなオットセイ」「これは一生の思い出になる」「サメ、大好き!」と様々なコメントが寄せられているようだ。