4日、中国の習近平国家主席はロシアの地下鉄で起きた爆発事件を受けてプーチン大統領に見舞いのメッセージを送り、「この困難な時に、中国国民はロシア国民と共にある」と述べた。

写真拡大

2017年4月4日、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席はロシア第2の都市、サンクトペテルブルクの地下鉄で起きた爆発事件を受けてプーチン大統領に見舞いのメッセージを送り、「中国の政府と国民を謹んで代表し、併せて個人名義で、犠牲者に深い哀悼の意を表するとともに、遺族と負傷者に心からの見舞いの意を表する。この困難な時に、中国国民はロシア国民と共にある」と述べた。中国中央テレビが伝えた。

習主席はまた「今回のテロ行為を強く非難する」とした上で、「中国はあらゆる形式のテロリズムに反対し、ロシアや国際社会とともに、反テロ協力を強化し、世界及び地域の平和と安全を守り抜くことを望んでいる」とも述べた。(翻訳・編集/柳川)