藤枝GK田口潤人の顔付近を蹴ってしまい、一発退場を命じられた栃木MF古波津辰希

写真拡大

 Jリーグは4日、J3第4節の試合で起きた行為に対し、栃木SCのMF古波津辰希の処分を1試合の出場停止と決定したことを発表した。

 古波津は2日に行われたJ3第4節の藤枝MYFC戦(2-2)で先発出場。後半33分にゴール前の浮き球をオーバーヘッドで押し込もうとした際、飛び出した藤枝GK田口潤人の顔付近を蹴る形となってしまい、一発退場を命じられていた。

 Jリーグの規律委員会は、(公財)日本サッカー協会の競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、「PA内で高く上がったボールをシュートする際、高く上げた足の甲で相手GKの顔付近を過剰な力で蹴った行為は、『著しい反則行為』に該当する」と判断し、古波津に1試合の出場停止処分を科すことを決定。出場停止試合は、16日に開催予定のJ3第5節・アスルクラロ沼津戦となる。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ