四川省の馬辺大風頂国家級自然保護区管理局によると、3月31日、職員が野外で131台の赤外線カメラデータを回収した。写真は赤外線カメラで撮影された、雪の中を歩く野生のジャイアントパンダ(3月31日、撮影・鐘欣)。

写真拡大

四川省の馬辺大風頂国家級自然保護区管理局によると、3月31日、職員が野外で131台の赤外線カメラデータを回収した。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

永紅保護ステーションの14台の赤外線カメラにジャイアントパンダが活動する様子が撮影されていることを発見。なかにはジャイアントパンダが尿でマーキングしている様子が写っているものも含まれていたという。(提供/人民網日本語版・編集/TK)