© 2017 Tsukasa Kubo

「これは難しい!!」と思う脱出ゲームは今までにもいくつかありましたが、「こんなのわかるわけないじゃん・・・」と思わず呟いてしまったのは『世界一理不尽な脱出ゲーム』。

ステージクリア型の脱出ゲームなのですが、アプリ名の通り、理不尽すぎる謎が用意されています。

セオリーが通じないため、脱出ゲームが好きな人ほど謎解きに苦しみますよ!

脱出ゲームを遊んでいる人ほど騙される

最初に「脱出のしかた」として遊び方を教えてもらえます。
怪しいところはタップして調べて、手に入れたアイテムはスライドさせて使用。
ここだけ見ると普通の脱出ゲームなんですけどね・・・。


というわけでさっそく始めていきます。
いきなり目の前にダンボールがあるのでタップして開けてみましたが、何も入っていませんでした。


画面左右にある矢印ボタンで移動できます。
またダンボールがありましたが中身は空。


お、今度のダンボールの中にはカギがありました。
初のアイテムゲット。なんだ、簡単じゃん。


さっそくドアまで戻ってカギを使って脱出・・・というわけにはいかないですよね。
「ドアに鍵穴は無いようです。」ですって。


ではどこかでカギを使うのかと、部屋にあるもの全部にカギを持っていきますが、反応せず。


「どうしたらいいんだ〜〜」と悩みつつドアを連打していたら、スッと横にスライドしてドアが開きました。
まさかの脱出成功。


「ドアは引き戸だったようです。」
えっと・・・連打しているときにたまたまドアをスライドしていて、それで開いたようです。

カギの意味!!


このように、今までの脱出ゲームのセオリーを無視した理不尽な謎が各部屋で待ち構えています。


ステージ5なんてヒドイですよ。
なんか札があって、引っ張れという指示が出たので引っ張ってみたんですよ。


すると、「GAME OVER」という札が落ちてきて、脱出失敗。

おい!!!


このゲームをクリアするコツは、

アイテムを信用しすぎないタップ以外の操作もしてみる端末を振ったり傾けたりもしてみる怒らない

以上の4つです。

最後に、自分が一番詰まった謎のヒントを出します。
ゲーム初回起動時に、マイクへのアクセスを求められるのですが、これをOKにしないとクリアできないステージがあるので注意しましょう。