イ・ドンゴン、ドラマ「7日の王妃」出演オファーを受け“検討中”

写真拡大

俳優イ・ドンゴンがKBS 2TV「7日の王妃」の出演を検討している。

イ・ドンゴンの所属事務所FNCエンターテインメントの関係者は4日、TVレポートとの取材に対し「『7日の王妃』の出演のオファーを受け、検討している」と伝えた。

イ・ドンゴンは劇中で愛する女性の心を得ることができなかった燕山君(ヨンサングン) 役のオファーを受けた。イ・ドンゴンの切なく悲しい演技に期待が集まっている。

イ・ドンゴンが出演を確定すれば、「月桂樹洋服店の紳士たち」以降、休みのない連続出演となる。イ・ドンゴンは同作で恋人同士を演じたチョ・ユニと実際の恋人関係に発展し、話題となった。

「7日の王妃」は、わずか7日間という朝鮮の歴史で最も短い期間王妃の座に座って廃妃となった端敬(タンギョン) 王后シン氏と中宗(チュンジョン) のラブストーリーを描く作品だ。「仁王山(インワンサン) チマ岩の伝説」をモチーフにしている。ヨン・ウジンとパク・ミニョンが男女主人公として出演を確定し、期待を集めている。

「推理の女王」の後番組として韓国で6月中に放送される。