イ・ソンミン&チョ・ジヌン&キム・ソンギュン主演映画「保安官」5月3日の韓国公開を確定…3種のキャラクターポスター公開

写真拡大 (全2枚)

映画「保安官」(監督:キム・ヒョンジュ、配給:ロッテエンターテインメント) が5月3日の韓国公開を確定し、3種のキャラクターポスターを公開した。

「保安官」は釜山(プサン) 機張(キジャン) を舞台に、自称“町内保安官”のおせっかいな元刑事が、ソウルからやって来た成功者である事業家を麻薬犯だと疑うことから繰り広げられる捜査劇だ。

この日に公開されたキャラクターポスターには、地元民であるデホ(イ・ソンミン) がサングラスをかけたまま果物を一口食べて、道を歩く堂々とした姿が視線を引きつける。力が入ったデホの強烈なオーラと共に「不屈のおせっかいな人」というキャッチコピーは、町の保安官としておせっかいをするデホの姿を予告している。特に、今まで見せてきた柔らかくて真剣なイメージではなくコミカルな姿が、イ・ソンミンが披露するデホの新しい魅力を期待させる。

続いてよそ者であるチョンジン(チョ・ジヌン) は、赤色のヘアバンドとサッカーのユニフォームを着用したまま、サッカー選手クリスティアーノ・ロナウドとアン・ジョンファンを連想させる姿が笑いを誘う。サッカー場で髪をなびかせながら走っていくチョンジンは「民心攻略マルチプレイヤー」というキャッチコピーのように、よそ者だが特有のおおらかで優しい魅力で、民心だけではなく観客たちの心まで捉える予定だ。

最後に保安官の義弟ドンマン(キム・ソンギュン) は表情一つ、手振り一つまで見るだけでも爆笑させるコミカルな姿が目を捉える。ここに「血より濃い義理」というキャッチコピーは、保安官デホの唯一の助手として、アバターのようにドタバタ捜査を続けていくイ・ソンミンとキム・ソンギュンのケミ(ケミストリー、相手との相性) を期待させる。

「保安官」は、韓国で5月3日に公開する予定だ。