好評を得ているDream Ami

 E-girlsとDreamに所属する、Dream Amiがソロアーティストとして人気を集めている。3月22日発売のシングル「はやく逢いたい」が、「LINE MUSIC」や「AWA」などで1位を獲得。レコチョク着うたでは3位、ビルボードでは7位にランクインした。

 前作の「トライ・エヴリシング」は、観客動員数約580万人、興行収入76億円超を記録した、ディズニーのアニメーション映画『ズートピア』の主題歌。同映画のヒットも手伝ってセールスを伸ばした。

 その流れがあっての今作「はやく逢いたい」は、シリーズ累計発行部数250万部を記録し、実写化されたコミック映画『ひるなかの流星』の主題歌。今をときめく永野芽郁が主演を務め、三浦翔平と白濱亜嵐が脇を固める。

 最新配信チャートでは、「LINE MUSIC TOP100」(3月26日付)、「LINE MUSIC着うた」(同日付)、「レコチョク 呼出音」(同日付)、「AWA TOP 100 TRACKS」(同日付)でいずれも1位。「レコチョク 着うた」(同日付)で3位、「ビルボード Hot100」(4月3日付)で7位を記録。

 更に、リリース日に実施した「LINE LIVE」では視聴者数35万人を突破し、800万以上のハートを得た。また、10代を中心に人気を集める動画共有サービス「MixChannel」や「YouTube」で公開されたミュージックビデオは、リリース2週間後で約140万回を達成した。

 もともと歌声には定評のある彼女だが、今回、セールスを押し上げている要因に、甘く、切ない恋物語に寄り添う歌詞にあるようだ。

 作詞は、Dream Ami自らが手掛けた。曲のなかでも冒頭の<こんなに誰かを想う気持ち><教えてくれてしあわせだよ><お願い はなさないでね><はやく はやく逢いたい>という歌詞について、ファンからは共感できるとの声が挙がっているという。

 関係者によれば、Dream Amiは現在、10代の女性を中心に人気を集めているといい、今回の歌詞は特に、その世代の“恋愛体験”にも重なるとして、好評を得ているようだ。