日本初のマーベル大型総合展 ヒーローの魅力に迫る資料多数登場

写真拡大

4月7日(金)より、六本木ヒルズ森タワー52階「東京シティビュー」にて、日本初となるマーベルの大型総合展『マーベル展 時代が創造したヒーローの世界』が開催される。

この展覧会は、『スパイダーマン』『キャプテン・アメリカ』『アイアンマン』『アベンジャーズ』など、数多くのヒーローや作品を生み出してきたマーベルの魅力を、貴重な資料、衣装、小道具など、およそ200点を通じて紹介するもの。映画、アニメ、ゲーム、おもちゃなど、多面的に展開し、世界的に愛されるヒーローたちの魅力に迫る展覧会となっている。

会場は、「HISTORY」「HERO」「CULTURE」「CINEMATIC UNIVERSE」「ART」という5つの視点から構成。1930年代のマーベル創成期からの歴史、特技を活かして人々を守るヒーローたち、マーベルが他のカルチャーに与えた影響、映画作品を制作しているマーベル・スタジオ、有名アーティストや日本の漫画家・イラストレーターたちの手によるマーベルのアートなど、さまざまな角度からマーベルの魅力を伝える資料が会場に並ぶ。

『マーベル展 時代が創造したヒーローの世界』は、2017年4月7日(金)〜6月25日(日)まで、六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ 森タワー52階)にて開催。会期中無休。開場時間は10:00〜22:00。入場料は一般1800円。

※この画像はサイトのスクリーンショットです