「ロビ2」

写真拡大

デアゴスティーニ・ジャパンは、週刊「ロビ2」を2017年6月6日から発売する。毎号付いてくるパーツを組み立てると、多様なコミュニケーションが可能なロボットが完成するマガジンシリーズ。

記念日告げるカレンダー機能、笑顔撮影するニコロビシャッター機能

13年に創刊された「ロビ」は、約12万体が世に送り出された。「ロビ2」はその進化形。

記念日などを教えてくれるカレンダー機能、笑顔を見つけて撮影してくれるニコロビシャッター機能などを搭載し、耳と胸のロゴを好みで変えられるカスタマイズパーツも用意されている。

また、ロビをサポートするツールロボット「Q-bo(キューボ)」も登場。ロビに合図を送って遊ぶなど、"人"と"ロビ"と"Q-bo"の3者コミュニケーションが実現する。組み立てはドライバー1本でビギナーでも安心だが、不安な人に向けて「組み立てサービス(有料)」も提供する。

創刊号特別価格が799円、第2号以降通常価格が1998円(税込)。13年に創刊された「ロビ」は全70号で完結した。