ペットアイテムを装備した限定車登場!

写真拡大

ルノー・ジャポン(横浜市)は、獣医師監修のペットアイテムを装備した限定車「ルノー カングー ウィズ ペット」を2017年3月30日に20台限定で発売した。

「ルノー カングー」は広い車内空間と優れた機能性から、欧州ではLUDOSPACE(ルドスパス:遊びの空間)と呼ばれて親しまれてきたという。

イオンペットの獣医師がセレクトした、ハンモック、シートベルトアタッチメント、オリジナルお手入れキットなど、ペットと車で外出する際により安全で快適に過ごせるような7つのアイテムを装備。また、快適なドライブの必需品であるナビゲーションやリアカメラ、を搭載した。さらに、限定車専用ロゴステッカー、専用ロゴ入りシートカバーが用意されている。

同社とイオンペットは16年、災害発生時にいち早く被災現場へ獣医師や動物看護士、トリミング技術者を派遣し、ペットの救命活動やケアを行える特別仕様のカングー ドクターカーを発表。「ウィズペット」は2社のコラボレーション第2弾となった。

価格は241万5000円(税込)。