テニス、マイアミ・オープン、女子シングルスを制覇し、写真撮影に臨むジョアンナ・コンタ(2017年4月1日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】女子テニスの最新世界ランキングが3日に発表され、マイアミ・オープン(Miami Open 2017)で優勝を飾った英国のジョアンナ・コンタ(Johanna Konta)が自身最高となる7位を記録した。

 今季はアピア国際(2017 Apia International Sydney Tennis Tournament)でも栄冠に輝いているコンタは1日、マイアミ・オープン決勝で元世界ランク1位のキャロライン・ウォズニアッキ(Caroline Wozniacki、デンマーク)を6-4、6-3で下していた。

 一方、ドイツのアンゲリク・ケルバー(Angelique Kerber)が、長年にわたって女王の座に君臨してきたセレーナ・ウィリアムス(Serena Williams、米国)を抑え、首位を維持している。

 最新のWTAランキングは以下の通り。

1位:アンゲリク・ケルバー/7340ポイント

2位:セレーナ・ウィリアムス/7010ポイント

3位:カロリーナ・プリスコバ(Karolina Pliskova、チェコ)/6020ポイント

4位:ドミニカ・チブルコバ(Dominika Cibulkova、スロバキア)/5245ポイント

5位:シモナ・ハレプ(Simona Halep、ルーマニア)/5022ポイント

6位:ガルビネ・ムグルサ(Garbine Muguruza、スペイン)/4790ポイント

7位:ジョアンナ・コンタ/4330ポイント

8位:アニエスカ・ラドワンスカ(Agnieszka Radwanska、ポーランド)/4290ポイント

9位:スベトラナ・クズネツォワ(Svetlana Kuznetsova、ロシア)/4025ポイント

10位:ヴィーナス・ウィリアムス(Venus Williams、米国)/3865ポイント

【翻訳編集】AFPBB News