170センチのスラリとしたスタイルと、クールな目元、透き通るような白さが印象的な女優&モデルの小雪さん。

2児のママになった今でもクールな印象は変わらず、あまり生活感が感じられないですよね?

そんな、 小雪さんは、1976年12月18日生まれのいて座。

俳優で8歳年下の夫、うお座の松山ケンイチさんとは、一体どんな結婚生活をおくっているのでしょうか?

いて座さんの結婚観を、東洋・西洋占星術研究の第一人者である上田きょうや先生に伺いました。

★☆いて座の結婚観☆★

自由を第一に重んじる射手座さんは、なかなか結婚に目が向きません。恋愛では、最後まで自分がリードする責任感は希薄ですが、最初にとりあえずイニシアティブを自分で握ろうとします。そのため、恋愛初期は自分から好きになった相手にスピーディにアタックするパターンが多いです。

恋のハンターとしての本能が強く、相手が逃げれば逃げるほど、追ってしまいます。また、フラれたときの立ち直りの速さは一番です。

若い射手座男性は「フーテンの寅さん」のようなキャラクターです。愛と安住の地を求める永遠の旅人で、「いつかは俺も温かい家庭を持つんだろうな」と願いながらも、今ひとつ社会の型にはまれずにボヤボヤしています。でも女性に対して、さわやかな感情を持ち、いやらしさが少ないので好かれやすいです。

射手座女性は付き合うまでは結婚を考えることが少なく、「どちらを見ているのかわからない」と相手から思われることが多々あります。しかし、結婚した相手に対して不満を持っても、自分から積極的に別れようとする傾向は非常に弱いです。

結婚発表当時のメディアの放送では、松山ケンイチさんの積極的なアタックにより結婚…という話になっていましたが、実は小雪さんの計算通りだった可能性が高いかもしれませんね・・・。

とにもかくにも、いて座女子のハンター能力を侮るなかれっ!