北朝鮮の朝鮮中央通信は3日、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)に対して「米国の右翼保守勢力を代弁する『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙がわれわれに対してまたもや悪態をついた」と非難する論評を配信した。

同通信は、WSJが3月27日に、「米国が朝鮮の核開発を防ぐためには『政権交代』を明白な政策目標に掲げなければならない」と述べたとしながら、これに対して「対朝鮮政策における戦略的敗北者、完敗した連中ならではの窮余の一策として、われわれにはそれが日を追って勝利に勝利を重ねるわが共和国の不敗の国力に恐れおののいた悲鳴としか聞こえない」と主張した。

また、「小銃と原子爆弾の対決同様の20世紀50年代の朝鮮戦争でも、米国の『強大さ』の神話を打ち砕いて下り坂の端緒を開いたわが共和国はこんにち、誰もあえて手出しできない核保有強国として堂々と浮上した」と強調した。

さらに、「われわれを核武装化へ進ませ、核兵器高度化を進ちょくさせて水爆を開発し、標準化、規格化された核弾頭まで保有するようにした張本人はまさに、時代錯誤の対朝鮮敵視政策に執着してわれわれに恒常的な核脅威を加えてきた米国である」と指摘した。

そのうえで、「われわれが握りしめた正義の核の霊剣についてあえてけなす米国とその追随勢力の醜態を見るたびに、われわれは核戦力を中枢とする自衛的革命武力を強化してきたことがどんなに正当であったかをさらに肌で感じるようになる」と述べた。