マイアミ・オープンでのラファエル・ナダル【写真:Getty Images】

写真拡大

黄金カードに“手応え1敗”「万全だと思っている」、今後のクレー戦に自信

 通算37度目のフェデラーVSナダルが決勝で実現し、話題を呼んだマイアミ・オープンの男子シングルス。結果はフェデラーが6-3、6-4のストレートでナダルを下し、11年ぶり3度目の優勝。35歳レジェンドが往年のような強さを披露したが、30歳のナダルにとっても完全復活へ手応えのある1敗だったようだ。「タイトルを獲る用意はできた。万全だ」と語ったとESPNが伝えている。

 今大会第5シードから勝ち上がり、決勝に駒を進めたナダル。フェデラーに敗れこそしたが、記事では「ナダルにも、敗戦を喫しながらプラスとなる点もある。これ以上はない気持ちと共に、得意とするクレーコートでの戦いに挑めるからだ」と記されている。

「ナダルの復活劇はフェデラーのものよりも不安視されていた」とした上で、昨年6月から手首の故障で1年近くスランプに苦しんできたと指摘。「夏に復帰し、秋は体調と精神面を万全に整えるために過ごした」と述べ、今季19勝の勝ち星はフェデラーと同じだが、決勝で3度敗戦していることを紹介している。

 その中で、今大会の決勝は完全復活への価値ある敗戦となったようで、ナダルはこう語ったという。

「とても高いレベルのテニスができている」…クレーコートで完全復活へ

「求めている状態まで、あと少しだと感じている。とても高いレベルのテニスができているし、タイトルを獲る用意はできたと信じている。万全だと思っているよ」

 今季決勝で敗れた3戦は全豪、メキシコ、マイアミとすべてハードコートの大会。「ナダルは決して明言しなかったが、もし3戦がクレーコートであれば、結果は違ったものになっただろうということに含みを持たせた」と記された記事では、6月の全仏オープンまで続く得意なクレーコート戦に本人も自信をのぞかせている。

「いつもいいプレーができている時というのは、クレーが少し後押ししてくれているんだ。再びクレーでプレーできることにワクワクしているよ」

 フェデラーとの激闘の中から浮上のきっかけを掴んだナダル。完全復活のトロフィーをクレーコートの上で掲げる日は、そう遠くないかもしれない。