キム・ジョンウン、新生事務所ムソンカンパニーと専属契約を締結…元マネージャーとともに移籍

写真拡大

女優キム・ジョンウンが新生事務所のムソンカンパニーと専属契約を締結した。

最近、OCNオリジナルドラマ「デュエル」のヒロインとしての出演を確定して、結婚後1年ぶりに活動を再開するキム・ジョンウンが、新たな所属事務所を決定したのだ。

FA(フリー・エージェント) 市場に出て関心を受けたキム・ジョンウンは、長い期間一緒に働いて信頼を培ってきた元マネージャーとともに、新生事務所への移籍を決定した。

また、キム・ジョンウンが契約を締結したムソンカンパニーのソ・ミンス代表は、10年間韓国のシナリオ開発と映画ドラマの投資制作を手がけてきた専門企業家だ。文化企画、コンサルティング専門会社で、芸能プロダクションのムソンカンパニーの設立と同時に、キム・ジョンウンの合流を通じて一緒に相乗効果を発揮していく予定だ。

キム・ジョンウンは「トンネル」の後番組として放送されるOCNドラマ「デュエル」で、有能で堂々とした強行犯係の検察官チェ・ジョヘ役を務める。また、第14回ソウル国際愛映画祭の広報大使に委嘱されるなど、2017年上半期に精力的な活動を予告している。