皆さんには、憧れのキスのシチュエーションありますか?

女性が「こんな場所で」、「こんな感じで」と憧れるように、男性も1度はやってみたいキスのシチュエーションがあるんですよ。

意外とロマンチストだったり、大胆だったり、繊細だったりする男性という生き物が憧れるキス……。

一体、どんなシチュエーションに憧れるのか、男性の心の内を覗いてみましょう。

 

■観覧車、浜辺、星空の下など、ロマンチックなシチュエーションでキス

ロマンチストが多い男性。顔に似合わないあの人も、実は、ロマンチックなシチュエーションでのキスに、憧れを抱いているかもしれませんよ。

「デートの締めくくりに、ロマンチックなキス……」、という流れをシミュレーションするものの、実際、上手いこといかずに、グダグダになってしまうのが、ロマンチストのくせにシャイな、男性という生き物なのかもしれません。

それ故、憧れを抱いているのかもしれませんね。

 

■良い雰囲気になったら目をつむってくれる

良い雰囲気になったら、何も言わずに目をつむってくれる……。

そんなベタなシチュエーションに、憧れを抱いている男性も少なからずいるのです。

シチュエーションと言いますか、そのような女性に憧れを抱いていて、それは、良い雰囲気になったら、何も言わずに目をつむるような女性がいないから、憧れるのかもしれませんね。

 

■流れでホテルへ…ドアを閉じた瞬間熱いキス

流れでホテルへ行くこともありますよね。そんな時に憧れるシチュエーションが、ドアを閉じた瞬間、お互いの我慢がはち切れ、熱いキスをその場でしちゃうというシチュエーションです。

ホテルに入って「よっこいしょ」と腰を落ち着かせるなんて、リアル過ぎで、なんとも日本人的な感覚です。

やるやらないは別にしても、憧れて妄想するのは、ハリウッド映画のワンシーンのような熱いキスなのです。

情熱的な人が男女共に少ない日本人ですから、その場でキスのシチュエーションになっても、”燃えるような熱いキス”とまではいかないのが現実なんですよね。

 

■デートの帰り際にチュッ♡

淡いデートの帰り際、さりげなく頬や唇や額に「チュッ」としてみたいのが、奥手な男性の憧れるシチュエーション。

俗に言う“草食系”なる男性が多い今では、そんなキスでさえも、一種の憧れの対象となるシチュエーションになっているのです。

デートの帰り際、男性がモジモジしていたら、もしかしたら、キスがしたくてモジモジしているのかもしれませんよ。

 

■壁ドン、顎クイなどからのキス

多くの男性が1度は憧れを抱くのが、壁ドンや顎クイからのキスというシチュエーション。

色男やモテ男の専売特許のような手口に、やりたくてもやれない、もしくは、躊躇してしまう男性は非常に多いと思います。

また、慣れていない女性が多すぎて、喜びから吹き出してしまい、なかなかドラマのようなシチュエーションにならないのが、残念なところ。

お互いの経験値数で、劇的にも喜劇にもなってしまうのですが、是非、読者諸君には、人生の華である“恋”を、劇的に彩るのは自分であるということを自覚してもらいたいものです。

主役はあなたですよ。

 

男性が憧れるキスのシチュエーション。あなたの憧れと、共通するところもあったかもしれませんが、もしデートで、男性が憧れるキスのシチュエーションの流れになったなら、それとなく叶えて差し上げるのも、淑女のたしなみというものです。

男性が憧れるキスのシチュエーションの流れになるよう、上手にアシストしてあげて下さいね。

【画像】

※ Olena Andreychuk/shutterstock

【関連記事】

※ 愛してるぜ…!オトコが本命女子だけにする「ベッドでのラブアピール」

※ 「何かあった?」弱っている彼氏の元気を取り戻す方法

※ 思わず…ギュッ♡男性が「彼女を抱きしめたくなる」瞬間

※ 可愛いなぁ〜「アラフォー男性」をドキッとさせるエロテク

※ 気合入れたのに…残念!お花見でドン引きされるNGファッション

※ マジ、ガン萎えだわ…男性が「エッチ中」にされたくないコト