バーゼルワールド2017で発表された新作を紹介していきます。今回はロレックス。今年はプロフェッショナル・ダイバーズウオッチのシードゥエラーが誕生50周年にして、大幅なリニューアルが図られました。

 

 

グロス仕上げのダイアルにサイクロップレンズを初採用

↑左/1967年の初代シードゥエラー  右/2017年の新作シードゥエラー

 

新しいオイスター パーペチュアル シードゥエラーは、ケース直径がこれまでの40mmから43mmに大きくなりました。

 

↑ロレックス「オイスター パーペチュアル シードゥエラー」108万円(予価)/Ref.126600/今春発売予定

 

文字盤はマットから艶やかなグロス仕上げとなり、初めて日付を拡大するサイクロップレンズをセット。6時側に赤く表記されたモデル名は、1967年のオリジナルモデルに通じる意匠です。

 

 

一方、ケースサイド9時側には、深海遠征用のプロフェッショナルダイバーズウオッチとして1967年に登場したシードゥエラーのアイコンであるヘリウム排出バルブを引き続き装備。

 

↑ヘリウム排出バルブの展開図

 

バックルもエクステンション機能付きで、フリップロック エクステンション リンクと合わせて最長46mmまで延伸できます。

 

搭載するのは、ロレックスの新世代キャリバーである3235。特許取得のクロナジーエスケープメントやブルー パラクロム・ヘアスプリングなどの特許技術が数多く盛り込まれた、ハイスペックムーブメントです。

 

 

もちろん、厳格な自社基準を通過したことを証明するSuperlative Chronometer(高精度クロノメーター)取得済み。ケーシング後の平均日差が-2〜+2秒という、驚異的な精度で調整されています。

 

 

ロレックスからもムーンフェイズが登場

昨今、ムーンフェイズ搭載モデルの発表が各社で相次いでいますが、ロレックスからも同機能を備えた新作チェリーニ ムーンフェイズが発表されました。

 

↑ロレックス「チェリーニ ムーンフェイズ」255万円(予価)/Ref.50535/今秋発売予定

 

ロレックスが選択したのは、ムーンディスクを一切隠さない表示方法。6時位置にあるブルー エナメルディスクは、満月をメテオライトのアップリケで、新月をシルバーカラーのリングで表しています。

 

これらの位置関係をサブダイアル12時位置のインジケーターで読み取ることで、ユーザーが月の満ち欠けを知ることができるのです。

 

 

公式サイトに使い方の詳細があります。

 

 

日差-2〜+2秒の高精度クロノメーター取得に加え、122年で1日誤差という精密ムーンフェイズも備えたCal.3195は、自動巻き式でパワーリザーブは約48時間となっています。

 

 

サイズアップやサイクロップレンズの採用など、サブマリーナーやディープシーとの明確な差が付けられた新生シードゥエラー。

 

優秀なスペックはもちろんですが、やはりアンティーク市場でも人気の高い「赤シード」の復活は、時計好きにとってたまらない魅力があります。