1

Amazonで買い物をする際にはクレジットカードやデビットカードが必要でしたが、これらのカードを持っていない・使いたくない人でも現金を使ってAmazonで買い物ができる新サービス「Amazon Cash」がアメリカで2017年4月3日にスタートしました。

Amazon Cash

https://www.amazon.com/b/?node=14583169011

Amazon Cash eliminates need for bank cards

https://thenextweb.com/money/2017/04/03/amazon-cash-eliminates-need-bank-cards/#.tnw_bjjsZ5ut

Amazon launches Amazon Cash, a way to shop its site without a bank card | TechCrunch

https://techcrunch.com/2017/04/03/amazon-launches-amazon-cash-a-way-to-shop-its-site-without-a-bank-card/

Amazon Cashは、自分のAmazonアカウントに現金をチャージして残高を設定し、その残高の範囲内で買い物を行うという仕組みです。チャージする際にはまず、Amazonのサイトからテキストメッセージ経由でバーコードを取得するか、またはAmazonのページから紙にバーコードをプリントアウトします。そして次に、Amazon Cashの入金を受け付けている加盟店にバーコードを持ち込み、レジでバーコードと現金を手渡して入金を依頼します。



加盟店にはCVS PharmacyやSpeedway、Kum & Goなどドラッグストアやスーパーマーケット系の店舗が名を連ねており、今後も追加されていく予定とのこと。



1回の入金額は15ドルから500ドル(約1650円〜約5万5000円)の間であることが必要で、手続き後はすぐにAmazonで買い物ができるようになります。サービスの利用料は不要です。

これまで、現金を使ってAmazonで買い物をするためにはAmazonギフト券を購入してチャージするというのが一般的でしたが、Amazon Cashであれば自分のアカウントに直接残高が設定される形になります。このサービスが開始されたことで、これまでクレジットカードやデビットカードを持っていないためにAmazonが利用できなかった人にも門戸が広がったのと同時に、ハッキングにより個人情報が漏れることを懸念してAmazonにカード情報を渡していなかった人の不安感を緩和することにもつながりそうです。