写真提供:マイナビニュース

写真拡大

fossBytesに3月31日(米国時間)に掲載された記事「Orange Pi 2G-IoT - A Cheap Linux Computer With Cellular Modem Is Now Available」が、シングルボードLinuxコンピュータ「Orange Pi 2G-IoT」の登場を伝えた。この小型PCにはWi-FiおよびBluetooth以外にも2G接続機能が搭載されている。

「Orange Pi 2G-IoT」の主なスペックは次のとおり。

・CPU: ARM Cortex-A5 32bit
・CPU: Vivante GC860
・MEM: 256MB LPDDR2 SDRAM
・DISK: 500MB SLC NAND Flash
・Wifi、Bluetooth、2G Mode

500MBのNAND Flash以外にもmicroSDスロット経由でストレージを拡張することが可能。通信速度は2Gに限定されているものの、小型PC単体での通信を実現した場合、「Orange Pi 2G-IoT」は興味深い候補と言える。

「Orange Pi 2G-IoT」は9.90米ドで販売されている。日本へ配送する場合は別途配送費用が必要。サポートしているLinuxディストリビューションは、Android、Ubuntu、Debianなど。

(後藤大地)