写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ヤフーは4月3日、広告事業における正規代理店制度を刷新し、「Yahoo!マーケティングソリューション パートナープログラム」を開始したことを発表した。

同パートナープログラムは、ヤフーの広告商品・サービスを取り扱う広告会社との連携を強化し、複雑化したデジタルマーケティングにおける各社の専門領域を可視化することで、広告主と広告会社のマッチングを支援し、広告主の課題解決を促進することを目的とした制度。

ヤフーの厳正な審査を経て公式に認定された広告会社を「Yahoo!マーケティングソリューション パートナー(以下、パートナー)」とし、その中で、ヤフーの広告商品・サービスを総合的に活用し、優れた実績のあるパートナーを「認定パートナー」として、ダイヤモンド、プラチナ、ゴールド、シルバーの認定を行う。

また、専門性が必要となるマーケティング手法・広告運用、または各地域において独自の強みを持つパートナーを「特別認定パートナー」として認定し、それぞれの分野でヤフーと共に新しいマーケットをリードしていく。

特別認定パートナーには、データを活用したマーケティングに関する知識と運用実績のある「データコンサルティングパートナー」、コンテンツマーケティングに関する知見と運用品質を認められた「コンテンツマーケティングパートナー」、少額予算の広告運用に必要な独自のノウハウと体制を持つ「マーケットデベロップメントパートナー」、各地域における豊富な知見と実績を持つ「エリアデベロップメントパートナー」を設ける。

(小松原綾)