職場や学校で男子からモテたいな、と思った時、他の女子との人間関係が不安になることってありませんか? 特に、年上の女子は立場が上なことも多いから、嫉妬が原因で嫌われちゃうとけっこう厄介ですよね。そこで、職場モテを手に入れつつも、先輩女子とうまくやっていくための簡単なポイントを解説します!


先輩に遠慮して生活するのはツラい!


もともとなにを着ても似合う超美人とか、話し上手で男子とすぐ仲良くなれるタイプだという人も、もちろん世の中にはいます。

ですが、多くの女子はメイクやファッション、話し方、気配りなんかに磨きをかけて、大なり小なり“努力して”モテをつかんでるものなんじゃないでしょうか。

そうやって頑張っているとき、案外厄介な存在になってくるのが、先輩の年上女子だったりしませんか?

先輩の目が気になってなかなか自分らしく振る舞えない……
例えば、同期がモテている時は、こちらからすればうらやましい存在ではあるけど、いい意味でライバル意識を燃やせるし、ある意味反面教師にだってなります。
でも立場が上の、年上女子からマイナスの感情を持たれちゃうと、モテようと努力すること自体が悪いみたいで凹んでしまうことってあるんじゃないでしょうか。仕事がやりにくくなるし、行動もファッションも相手の目を気にして遠慮することになったり……なにかと不自由になってしまいます。

でも、ほかの人に気を使って男子と仲良くできないのって、チャンスをムダにしちゃってもったいないですよね。
次のようなポイントに注意すると、男子からモテつつも年上女子から嫌われない職場ライフを目指すことができますよ。

改善ポイント1:モテる対象を棲み分けする!


年上女子の様子を探ってみると、なんとなく一番モテたがっているターゲットとか層が見えてくることってありますよね。
そんな場合、その縄張りについてはそっとしておく……というのは有効な作戦だと思います。

職場の男子全員と仲良くなりたい、というのは理想かもしれません。ですが、「私はこの層からはモテている」と思っていたい年上女子が身近にいる場合、誰も彼もにちょっかいを出してしまうと、居場所を取られてしまうんじゃないかと不安にさせてしまいます。

自分がモテたい層や気になる男子を押さえるのは重要なミッションだけど、こんなケースでは、ムダに欲張らないことが大切。
ほかの女子よりも若い新人さんのときって、そのつもりじゃなくても男性全体の視線を一気に集めちゃうことってあると思います。そんなときこそ、さほどモテなくてもいい層まであおって嫉妬を買うんじゃなく、さらっと過ごすのが長い目で見ておすすめです。



改善ポイント2:尊敬を素直に出していく


年上女子にもやっかまれずかわいがられるコツは、尊敬を素直に出していくこと!
仕事を教えてもらったときはしっかりお礼を言ったり、モチベーション高く質問したり、ちゃんと頼っていくことが大切です。

年上女子の立場に立ってみると、若手に嫉妬している大人気ない感情って、できれば表に出したくない、隠したまま年下と仲良くしたい……と思うのが多数派なんじゃないでしょうか?
その上でもキツい態度を取っちゃうキッカケのひとつが、「ナメられてる」「調子に乗ってる」って見えてしまったときです。

たとえば年上女子への相槌がたまたま鈍かったり仕事が雑だったりすると、ちょっとしたことで風当たりが強くなることも。何事もなければオトナな対応でスルーできてたはずの負の感情が、人様に恥ずかしくない怒りポイントを得たことで一気に表面に出ちゃうケースです。
普段から男子と同じくらい、女子も立てる意識を持っておくと、そんなリスクを避けることができますよ。



「男子にモテたい」「同僚とは男女問わず仲良くやっていきたい」そんな気持ちを持ってるのは、年上女子も同じ。男性に比べてかわいがってくれない年上女子がいる場合も、じつは内心オトナになろうとして努力しているところなのかも。焦ってがんがん近づくだけじゃなく、いろんな感情を思いやって適度な距離感で過ごしてみるのも、うまくやっていく方法のひとつです。女子との関係に優しさをプラスしてみましょう。
(由井妙)