写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ホビージャパンより刊行されている『シン・ゴジラ造形作品集』(2,800円/税別)の発売を記念したディオラマ展示イベントが、4月7日から9日の会期で、ホビーメーカー・コトブキヤの直営店舗・秋葉原館にて開催されることが決定した。9日には、造形作家の寒河江弘氏や山田卓司氏らが登壇するトークセッションも行われる。

イベント内では、同書に掲載されているディオラマを展示。9日は寒河江氏や山田氏のほか、ランペイジのプロデューサー・鳥山とりを氏、プロモデラー・角田勝成氏も登場し、『月刊ホビージャパン』の編集長が司会を務め、ディオラマビルダーによるトークを繰り広げる。

展示は7日と8日は10時から22時まで、9日は10時から13時30分まで、コトブキヤ秋葉原館5Fのイベントスペース「コトブキヤベース・アキバ」にて実施。観覧は無料。トークセッションは9日の15時から17時まで行う。こちらは9日10時より、イベントスペース物販コーナーで販売される登壇者のサインが入った同書を購入すると先着順にプレゼントされる参加券が必要(定数に達し次第終了/1人1冊まで)。同日15時からは3Fレジにてサイン本のみの販売も予定している。

TM&(C)TOHO CO.,LTD.