圧倒的な飛距離を披露していたイ・ミニョン(撮影:GettyImages)

写真拡大

「ヤマハレディース」で見事日本ツアー初優勝を決めたイ・ミニョン。彼女のセッティングで気になるのはロフトが立っている点だろう。テーラーメイドゴルフのレップ曰く「彼女はドライバーでも男子のようにパワフルに打てるフェードヒッター。9.5度以上を使うと吹け上がってしまいます。おそらく9.5度でフェースをやや開き気味にセット。それでつかまりのある『Diamana BF50』を使ってシャフトで球を捕まえています。フェードヒッターはクラブで球をつかまえて、右へのミスを減らしています」とのこと。アイアンにはアスリートモデルの『Psi』ヘッドを使用して、『DG』よりも先がしなりやすい『NS PRO 950GH』を採用しているのも同じ理由という。しかも、硬度はRを使っているというから、どんなコンディションでもやさしくシャフトで球を上げたいのだろう。
ミニョンの使用クラブを写真でもチェック!
また女子プロには珍しく4番アイアンをバッグイン。「韓国時代から良く使っていました。今週も何度も使って助けられました。飛距離は175〜180ヤードです」(ミニョン)。彼女ほどのヘッドスピードがあれば、4番アイアンでも余裕で打ちこなせるという。4番アイアンまで打ちこなせる彼女にとっては風の強いコンディションなどさほど苦にもならない。
そのほかに彼女のセッティングを見ると、ほぼテーラーメイドゴルフのクラブを使用していることがわかる。日本選手と異なりグローレブランドを使っていない番手があることに気づかされる。その理由は韓国にはグローレブランドがなく、まだ調整が間に合っていないためだという。
「ドライバー『グローレF2』だけはすぐに気に入ってくれて使っています。それ以外のクラブもこれからも随時調整するが、同じクラブを長く使いたいタイプのため時間がかかると思います」(テーラーメイドゴルフ・レップ)とのことだ。「グローレ」は日本のみ販売のブランド。球が上がりつかまりのいいクラブとして評判だが、そのやさしさを享受できる日本のアマチュアは、ひょっとして韓国プロゴルファーよりも幸せなのかもしれない。

【イ・ミニョンのクラブセッティング(WITB=Whats in the Bag)】
1W:テーラーメイド グローレF2 9.5°
(シャフト:ディアマナ Diaman BF50/S/45.5インチ)
FW:テーラーメイド エアロバーナーTS フェアウェイウッド 14°、18°
UT:テーラーメイド M1 19°
4I〜PW:テーラーメイド PSi フォージド(N.S PRO 950GH/R)
AW:タイトリスト ボーケイデザイン SM6 52°
SW:タイトリスト ボーケイデザイン SM6 58°
パター:スコッティキャメロン ニューポート2
ボール:タイトリスト プロV1
<ゴルフ情報ALBA.Net>

優勝した“不屈のゴルファー”の切なる願い「同じ病気の人に希望を持ってほしい」
渡邉彩香、痛恨のダボを招いた1打は「最善を尽くしたショット」
「これでひと段落」大物ルーキー・川岸史果が早くもシードに当確ランプ
国内女子開幕特集!注目女子プロたちの新ギアをチェック!!
ギアナビで「グローレF2」の性能をチェック!!