マイアミ・オープン11年ぶり3度目の優勝を飾ったロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

写真拡大

宿敵ナダル圧倒で今季3勝目、カムバックの証?「そう思うよ」

 男子テニスのマイアミ・オープンは現地時間2日(日本時間3日)に決勝が行われ、世界ランキング6位のロジャー・フェデラー(スイス)が同7位のラファエル・ナダル(スペイン)を6-3、6-4のストレートで下し、11年ぶり3度目の優勝。通算37度目となる黄金カードを制し、今季3勝目を挙げた35歳のレジェンドは「復活劇はこれで終わりだ」と自信を見せている。ESPNが報じた。

 試合は第1セット、フェデラーは互いにキープして4-3で迎えた第8ゲームをブレーク。手の内を知り尽くした戦いの中で後半に集中力を発揮し、第1セットを6-3でものにした。さらに第2セットも互いにキープしながら4-4で迎えた第9ゲームはラッキーなショットも飛び出し、ブレーク。そのまま第10ゲームをキープし、優勝を飾った。

 ナダルとの初対戦の地、マイアミで宿敵を圧倒。「故障からの復活劇を演じたフェデラーとナダルの一戦はファンを魅了した」と記した記事では「これが『カムバックの証』となるのか?」と問われたフェデラーが「そうだね、そう思うよ」と答え、こう続けたという。

「復活劇はこれで終わりだ」

状態の良さアピール「体の反応もとても良いし、これ以上なく幸せだ」

 言葉の裏には、自信が満ちているのだろう。それを示すように、さらに状態の良さをアピールしたという。

「カムバックを果たした年であることに違いはないが、マイアミに来るまではまだまだ多くのことを学ぶ必要があった。コートでは夢のようなひとときだし、コートの外でもそれは変わりないね。体の反応もとても良いし、これ以上なく幸せだ」

 今年はツアー3勝を挙げ、獲得したATPポイントは実に4045。マイアミ・オープン後に発表された世界ランキングは2つ上げ、4位に浮上した。1月には7年ぶりに全豪オープンを制覇し、自己が持つ歴代最多を更新するグランドスラム18勝目で復活と話題を呼んだが、すでにカムバックの段階は終え、かつてのような黄金期に近づいているようだ。
 
 今後はシーズン中には異例の8週間のオフを取り、消耗の激しいクレーコート全大会を全休。6月の全仏オープン、7月のウィンブルドンに万全を期して備えていくという。

「復活劇は終わり」――。その言葉を信じるならば、黄金期再来の予感が漂う。期待されるのは往年のように試合を支配し、ファンを魅了することだ。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer