第2期電王戦の第1局が、1日に日光東照宮で開催され、将棋ソフト・Ponanzaが佐藤天彦名人に勝利した。

 Ponanzaは、人工知能(AI)などの技術を活用したサービスの企画、開発などを行うHEROZの、リードエンジニア・山本一成氏らが開発。今回、Ponanzaが佐藤名人に勝利したことについて、山本氏は「将棋名人に勝てることは、私だけではなく、多くのコンピュータ将棋開発者達にとっての悲願でありました。」と歓喜のコメントを残している。なお、注目の第2局は5月20日に姫路城にて実施予定。

 電王戦での対局を記念して、7日までに将棋アプリ・将棋ウォーズのマイページを開くと、全員に棋神2個と棋神解析券2枚が進呈される。