写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●Apple Watchで音楽を聴くために
4月は多くの人が新生活のスタートを切る時期だろう。しかし、新しい職場や学校など、身の回りの環境が大きく変わると生活習慣も狂いがちになる。今こそスポーツで身体を鍛えたり、調子を整えることに気を配るべきだけれども、どうにも長続きしないという人のために、今回は「Apple Watchとワイヤレスイヤホンでスポーツ中に音楽を楽しむ」という提案をしてみたい。

用意したのは「Apple Watch Series 2」と、その組み合わせに適した3種類のイヤホンだ。Apple Watchは言わずと知れたApple初のスマートウォッチだが、昨年秋に発売された最新モデルは防水対応になったので、ジョギングやトレーニングなど汗をかくスポーツシーンにも安心して身につけられる。GPSも搭載されているので、ジョギングルートをトラッキングしたり、専用アプリと組み合わせてできることの幅も広がった。iPhoneユーザーなら一度は使ってみることをおすすめする。

なぜ音楽を聴くのにApple Watchが使えるのか? 実はApple Watchにはプレーヤー機能が搭載されており、Apple Watchの内蔵ストレージに音楽データを転送、スタンドアロンでBluetoothイヤホンと接続すれば、音楽を楽しめるのだ。もしかすると、この機能を使ったことのないApple Watchユーザーもいるのではないだろうか。

使い方はとても簡単。用意するものは、iPhoneにインストールした「Watch」アプリと、Apple Watchに付属する充電アダプタだ。次にApple Watchで聴きたい楽曲をiPhoneの「ミュージック」アプリに転送、またはApple Musicで配信されている楽曲からピックアップして、お気に入りの楽曲を集めたプレイリストをiPhoneにつくっておく。

Apple Watchには、iPhoneからこのプレイリスト単位で楽曲を転送することになる。Watchアプリを開いて「マイウォッチ」の画面から「ミュージック」を選択。「同期されたミュージック」を開くと、Apple WatchにペアリングされたiPhoneのプレイリストが並んでいるので、先ほど作成したApple Watch用のプレイリストを選択する。

なお、音楽配信の「Apple Music」を利用しているユーザーなら、iPhoneの「ミュージック」アプリの「見つける」メニューから「アクティビティ&ムード」を開くと、「エクササイズ」のテーマの中に使えそうなプレイリストがたくさん見つかるので、これをそのままApple Watchで楽しむのもアリだ。

楽曲を転送するときに気をつけたいことだが、当然ながらApple Watchの内蔵ストレージは無限ではない。音楽を同期できる最大容量は2GBだが、あらかじめ制限をかけておくこともできる。容量でいうと100MBから2GB、曲数基準だと15曲から250曲という範囲でリミットを設定しておける。

Watchアプリの設定が完了したら、Apple Watchを充電アダプタにセットすると、ペアリングしたiPhoneと指定したプレイリストの同期が自動で始まる。初めての同期には少し時間がかかるが、2回目以降は転送するプレイリストをまるごと変更しない限り、追加した楽曲との差分を調べて転送してくれるのでスピーディだ。

Apple WatchとBluetoothイヤホンをペアリングする方法も非常にかんたん。デジタルクラウンをクリックして、「設定」アプリから「Bluetooth」のメニューを開く。あとはスマホとBluetoothイヤホンをペアリングするのと同じ要領で、イヤホンの名前がリストに表示されたらタップして選ぶだけ。音楽の再生はApple Watchの「ミュージック」アプリを起動し、ソースデバイスをApple Watchに切り替えて、現れた「マイミュージック」の中から聴きたい曲をタップする。

エクササイズはなるべく身軽に楽しみたいもの。iPhoneそのものを身につけるよりも、手首に装着できるApple Watchなら、ジョギングやダンス、エアロビクスなど激しい運動で身体を動かすときにも身につけていられる。手もとで素速く操作できるし、スマホのように落として壊す心配もない。

次のページでは、Apple Watchによる音楽リスニングをますます快適なものにしてくれるオススメのワイヤレスイヤホンを紹介しよう。

●Apple Watchと組み合わせたいワイヤレスイヤホン
○Beatsの新作「Powerbeats3 Wireless」

まずはおなじみBeats by Dr. Dreの新製品「Powerbeats3 Wireless」だ。Appleが開発したオーディオ製品向けの高性能チップ「W1」を搭載したことにより、iOS 10を搭載するiPhoneととても簡単にペアリングができたり、5分間の急速充電「Fast Fuel」に対応していたりと、便利機能が多い。Fast Fuel機能では、イヤホンの充電が切れていたことに気がついても、スポーツウェアに着替える間のたった5分間で、約2時間再生できるだけのバッテリーを充電できてしまう。

Beatsのサウンドといえば低域重視なイメージだが、最新モデルはひと味違う。「Powerbeats Wireless 3」は透明感のある中高域と、さわやかなスピード感を併せ持つ低域が印象的なイヤホンだ。ボーカルを中心とした音の定位感も鮮明。耳掛けタイプなので、装着の安定感は抜群。イヤホンのハウジングが前機種よりも一段とコンパクトになったことも見逃せない。

○JBLとアンダーアーマーがコラボした「UA Sport Wireless」

一時期、いくつかのスポーツブランドがイヤホンを展開していたが、いま勢いを感じるのはアンダーアーマーとJBLのコラボモデルだ。最新モデルの「UA Sport Wireless」は、ジャストフィットの装着感を実現する「ツイストロック」機構を搭載する独自のイヤーピースが特徴。しっかりとフィットするのに、耳に装着した時にまわりの音が少し聞こえるように安全性にも配慮している。イヤホン本体のサイズも、前のモデルから35%小さくなったので、女性にもおすすめしたい。本体はIPX5相当の防水仕様なので、雨の日の屋外でも安心して音楽が聴ける。

JBLならではの"聴かせどころ"を上手に捉えたチューニングだ。高域から低域まで活き活きとした音のエッセンスを引き出す。音の快調のつながりがスムーズで力強さもある。ロックやポップスの元気なサウンドと相性が良かった。全体に雰囲気が少し派手めな印象だが、スポーツで疲れた身体にほどよい活を入れてくれる。

○スポーツ用の完全ワイヤレスイヤホン「Jabra Elite Sport」

「Jabra Elite Sport」は、IP67相当の防水性能を持つ"スポーツ用"の完全ワイヤレスイヤホン。ケーブルがないので、より身体を自由に動かせて便利だ。気になるのは、身体を激しく動かしたときにイヤホンが落下しないかという点だが、本体に付属するイヤーピースやウィングチップで装着の安定感をアレンジできる。むしろ、今回紹介する3機種の中では最もタイトフィットで密閉度が高いので、本機で音楽を聴きながらスポーツを楽しむときには周囲の安全にも気を配りたい。

サウンドは落ち着きのあるフラットなバランスが特徴。ボーカルものは声の階調感が滑らかに再現され、アップテンポな曲もビートの打ち出しがタイトで心地よい。長時間聴いていても疲れにくかった。スポーツシーン以外でも活躍してくれそうなイヤホンだと思う。

***
今回はスポーツシーンを切り取ってみたが、Apple Watchとワイヤレスイヤホンの組み合わせは、キッチンで料理をする時や満員電車の中など、あらゆるシーンで活躍できる。窮屈さなどの問題で音楽を聴きにくいシーンでも、より快適に音楽と触れ合えるようにだろう。ぜひ新生活の色んな場面で試してみてほしい。

(山本敦)