名波監督が下した清水戦での「決断」が的中。写真:徳原隆元

写真拡大 (全4枚)

[J1リーグ 5節]ジュビロ磐田 × 清水エスパルス/2017年4月1日/エコパスタジアム
 
 4万人を超す大観衆に見守られた「静岡ダービー」の試合後、名波監督は「就任からこれまで5、6回しかないが、試合前に行なった紅白戦のメンバーからスタメン2人を代えて臨んだ」と説明。その理由は、▽練習中にできずにいたボール保持率をアップする▽ボールロストを減らす▽前線からまとまった(コレクティブな)連動性のある守備をする――その3点を求めたからだったという。
 
 その紅白戦でも試されて導き出されたひとつの答えが、中村俊輔の右MF起用だった。とはいえ、今季これまでのリーグ全試合でトップ下で起用されてきた10番を、サイドに置く――。それは指揮官にとっても、ひとつの賭けでもあった。
 
 結果として、清水戦では確かに上記に挙げた3つの課題は、中村を右サイドに置くことでかなり改善された。
 
 選手や指揮官が語るように、4節の神戸戦(0-1で敗れる)は全体のラインが下がりすぎたため、なかなか前へ行けず劣勢を強いられた。その要因として、トップ下の中村が状況に応じて、機転を利かせて守備に加わることで、推進力をつけられなかったことが挙げられた。
 
 実際、「試合の先が見えてしまう」と語る中村が相手の狙うスペースを消したり、キーマンのマークについたりすることで、ピンチを免れたシーンは、その神戸戦に限らず今季何度か見られてきた。ただし、本来、磐田の新たな武器である「10番の左足」をいかに相手ゴールに近い位置で生かすかという点で、「守備に奔走する中村」は名波監督を大いに頭を悩ませていた。そして決断を下したのだ――。
 
 多くの人が驚いた。まさか、試合開始から中村が右MFで起用されるとは思ってもみなかった。(ただ、試合開始2時間前に配られたスタメン発表の用紙を改めて見てみると、中村の右サイド起用は“暗示”されている。名波監督は隠していたわけでもなく、試合当日には腹をくくっていたことが分かる)。
 
 比較的にトップ下よりも厳しいプレッシングを受けずに済むサイドのポジションで、中村がボールを受けることにより、ギュッとチームとして一度ためを作ることができた。静岡ダービーでその“恩恵”を最大に受けたのが、磐田の2ボランチだった。
 
  清水戦では2ボランチを組んだムサエフ、川辺が今季初ゴールを奪ってみせたのだ。

 ムサエフは持ち味である縦横にボールを狩りに行く持ち味を一段と発揮しつつ、その勢いのままウズベキスタン人初となるJリーグでの得点を記録。そして、川辺が決めた3点目は、中村―川又―川辺とつなぐ、流れの中から今季初めて決めた、磐田にとって貴重な得点となった。
 
 中村のところで、しっかりボールを落ち着かせる。そこからいくつものプレーの選択肢が広がる。そのようにイメージも膨らんでいった。

 そして実は攻めるのが大好き――という気持ちが溢れる2ボランチが、中村のタメによって躍動感あるプレーを披露。この大一番でゴールを奪ってみせたのは、大きな収穫だ。
 
「結果は非常に良く、判断としては間違っていなかったと思う」。名波監督も今回の先発メンバーの"抜擢"に手応えを得ていた。
 
 しかし一方で、「サイドから個で突破されたり、クロスへの対応から何度かピンチを招いたりした。シュート数も、負けている(磐田から見てシュート数は10本対12本、CKは2本対12本)。シュートの意識という点では、エスパルスのほうがゴールに向かう時間帯が長く、そのあたりは反省しなくてはいけない」と、課題を挙げていた。