「スレンダー」とファンの間で好評を呼んでいる指原莉乃の“熱湯風呂ボディ”(指原莉乃のツイッターより)

 HKT48指原莉乃が、昨年の選抜総選挙1位の公約として熱湯風呂に飛び込んだ。ただ、指原は自ら「プロの手によって温度調整」などと裏側をバラし、ファンからツッコミを浴びている。

 1日にさいたまスーパーアリーナで開催されたHKT48のコンサートツアー『春の関東ツアー2017〜本気のアイドルを見せてやる〜』。このなかで、指原は昨年の第8回AKB48選抜総選挙の公約だった「熱湯風呂」が実現した。

 指原は同日自身のツイッターを更新し、コンサートが終了したことを報告。そして、「去年の一位になった時の公約、熱湯風呂も!! いまさら! 遅くなりました! すみません!」とお詫びを入れながら公約を達成したことを伝えた。

 ライブで指原はスクリーンに登場したダチョウ倶楽部のあおりを受けながら、カーテン越しに公開生着替え。ビキニ姿でネット風呂に飛び込んだものの、わずか1秒で「熱い!」と抜け出したことが伝えられていた。

 すると、指原は3日にツイッターで、「ちゃんと、その道のプロの手によって温度調整されているのである。。」とコメントし、熱湯風呂に用いられたバスタブなどの作業風景の写真を公開。自ら舞台裏を明かしている。

 これにはツイッターやネット上で様々なツッコミが上がり、「流石 太田プロですね 笑」「出川と上島からクレームきそう」「しょうがないよ…」「ひしゃくですくって周りのメンバーにかけるお約束忘れやがって」などの声が寄せられた。その一方で、事故のないよう管理されていることに納得のコメントも見られた。

 また、指原はツイッターで、ステージ上で水着姿となり、熱湯風呂につかる自身の写真も公開している。ファンからは「いーーーーやスタイル良さ!!」「莉乃ちゃんスタイル良すぎる」「水着かわいい! ほそ!」などと指原の美ボディに称賛の声も続々と寄せられている。