会社や学校、バイト先の男の先輩に恋している女子もいるかと思います。今回は、男の先輩から好かれる方法について、一緒に見ていきます。さっそくご紹介しましょう!

1.気になる先輩に「相談」して頼ってみる



気になる男子に、なんらかの相談をすれば、その人と結ばれやすい、というのは、よく言われている王道な方法だろうと思います。男の先輩って、やっぱり「頼りにされている感じ」があれば、ついふらっとその女子のほうになびいちゃうんですよね。

この方法のコツは?
「ちょっと相談があるんだけど」とかなんとか言いつつ、仕事終わりに、彼と一緒に居酒屋にでも行くといいと思います。

相談すれば、あとのことは彼がうまくやってくれますよ! うまくやってくれなかったとしても、少しお酒の力を借りると、どうにかなります。だから「相談、最強」ということになって、この方法が王道を歩いているのです。

2.気になる先輩を「男の子」扱いしてみる



男の先輩って、女子の後輩の前で「男らしく、先輩らしくしないと!」と、少々気が張っていることもあります。だから男の先輩を「男の子扱い」してあげるといいです。

相手が気を張っているところを、あえて気を張らないようにしてあげる、ということです。

モテる女子はみんなやってる?
恋愛がうまい女子って、自分が「女の子」になって、相手の男子を「男の子」として接するのが上手です。たとえば飲み会の席でアホになって騒げるというのは、童心にかえっている、つまり「女の子」とか「男の子」になっている、ということです。

まじめな話、恋愛が成立するときって、「この人は年上だから敬語を使わないといけない」というような「遠慮」がないときでしょ? だから女子から、年上の男子に対して「子どものように」接してあげるといいのです。「いじってあげる」とか、そういうことです。恥ずかしがらずにやる、というのが、最大のポイントではないでしょうか。

3.気になる先輩の耳に「うわさ」を入れてあげて!



相手が年上であろうと年下であろうと、今も昔も、男子は自分から女子に告白するのがすごく苦手です。とくに同じ職場の女子に告白して、女子が「わたしはあなたのことを仕事上の先輩としか見られないんです」なんて言った場合、男子はどうすればいいかわからないから、なかなか告白してきません。

でも、風のうわさに「あの子がおれのことを好きだと言っている」と聞くと、それなりにその情報を信用して、自分から女子をご飯に誘うとか、飲みに誘うということはします。だから、あなたが彼のことが好きだといううわさを流してみてはいかがでしょうか?

この方法のコツは?
女子のほうがうわさを流すコツについて詳しいと思います。とくに職場でうわさを流そうとすると、慎重にしなくてはなりませんが、どうやったらある特定の人にだけ、うわさが耳に入るのかを知っているのは、男子ではなく女子でしょ? 

女友達や、女の先輩に相談するといいと思います。女子ならではの感性と計算高さで、うまくうわさを流してくれるはずです。


いかがでしょうか。
上記1〜3を実践しようと思えば、最低限、仕事はまじめにやっておくべきでしょう。仕事をまじめにしていると、年上の先輩男子が「いい子だなあ」と思います。彼にとってあなたが、あまりタイプの女子でなかったとしても、一定の好感を得ることができます。

男子はまずは仕事をちゃんとやっている女子に気持ちが向きます。そうやって一定の好感を抱かせたうえで、うわさを流してみるとか、男の子として接するとか、そういうことをすれば、最強のテクになるのではないでしょうか。
(ひとみしょう)