2017年3月31日、ソウル中央地裁は韓国の検察が請求していた朴槿恵(パク・クネ=1952年生)前大統領に対する逮捕令状を発布した。大統領職から罷免されてから3週間で朴槿恵氏は拘置所に入ることになった。

 3月30日、朴槿恵氏は、午前10時30分からソウル中央地検で開かれた逮捕令状を発布するかどうかの審査に直接出席した。韓国メディアによると検察の主張に全面的反論した。

 それから18時間たった31日午前4時30分。自宅を出た時に乗っていた「大統領経験者に対する警備車両」ではなく、「検察の護送車両」でソウル郊外の「ソウル拘置所」に入った。

 拘置所に行く前に自分で検察のトイレで化粧を落とし、「すっぴん」になった顔は落胆と疲労で明らかにやつれが見えた。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

実弟が自宅訪問

 30日午前9時過ぎ。ソウル中央地検に向かう直前の時間帯に、朴槿恵氏の自宅を実弟の朴志晩(パク・チマン=1958年生)氏が弁護士である妻とともに訪れた。

 韓国メディアによると、朴槿恵氏が弟と会ったのは2014年2月、朴志晩氏夫婦に次男が生まれた時、前大統領が「おしのび」で病院を訪れて「新しい甥」を見て以来だという。姉弟とはいえ、3年ぶりの面談だった。

 朴志晩氏は、罷免になってさらに逮捕の可能性も出ていた姉を前に声を出して泣いたという。同氏はさらに、姉を見送った後、国立墓地に眠る両親の墓参りをした。

 朴槿恵氏は、大統領就任後、弟との連絡を絶っていた。歴代の大統領に相次いだ「家族のスキャンダル」を見て、不祥事を防ぐためにこうした措置をとっていたのだ。

 企業家である朴志晩氏は、朴槿恵氏を巡る一連のスキャンダルの中心人物である崔順実(チェ・スンシル=1956年生)氏とその父親で「自称牧師」の崔太敏(チェ・テミン)氏に対して批判的だった。

 盧泰愚(ノ・テウ=1932年生)政権(1988〜2003年)時代には、「姉(朴槿恵氏)を崔太敏氏から救ってほしい」という趣旨の「嘆願書」も大統領に提出している。

 そんな経緯があったにもかかわらず、朴槿恵氏は、弟を遠ざけ、崔順実氏との関係を維持したのだ。

 「むしろ弟が近くにいたら・・・」。こんな声すらあるが、遠ざけられていたにもかかわらず、弟は、今後、姉を全面的に支援し、必要な援助もする意向だという。

親子2代、側近との悪縁

 「親子2代、結局、同じような目にあってしまった」。韓国紙デスクはこう語る。

 朴槿恵氏の父親である朴正熙(パク・チョンヒ)氏は、1979年10月26日に部下だった韓国中央情報部(KCIA)部長にピストルで撃たれて死亡した。

 父娘2代の「悲劇の共通点」は多いという。確かに、「側近でつまずいた」という点では同じだ。ともに大統領として「強権型統治」だった。朴槿恵氏も、長官(閣僚)や秘書官にはめったに直接会わず、指示は常に書類か電話で一方的に下りた。

 また、家族や親戚がスキャンダルを起こすことを警戒した。さらに「ナンバー2」を置かなかった。

 朴正熙氏は18年間にわたる長期執権の期間中、絶対に「後継候補」を置かなかった。ちょっとでもそういうそぶりが見えると、すぐに追いやった。典型的な「独裁者」だった。

 朴槿恵氏は、父親の姿を見ていたからか。同じように、「ナンバー2」や「後継者」を置かなかった。一時的に親しくなっても、ある時期、ばさりと切り捨てる。そういうやり方だった。

 これほど気を使っていたのだが、2人とも、「側近」が原因で転落してしまった。

 朴正熙氏を暗殺したKCIA部長は、朴正熙氏の故郷の後輩で陸軍士官学校では同期生でもあった。国会議員や閣僚を経験し、「大統領の側近」として「泣く子も黙る」KCIA部長に就任した。

 ところが、8歳下の大統領警護室長が大統領に取り入り、2人の間で行き過ぎた「忠誠競争」が起き、暗殺劇に発展した。

 軍人として人心掌握にもたけていた朴正熙氏は、猪突猛進型の警護室長と凡庸なKCIA部長をいちばん身近に置いて競わせた。だが、競わせ方が度を越えていたのか。KCIA部長の心の中に燃え上がるような嫉妬心が生まれていたことは見逃してしまった。

 長期執権の油断だったのかもしれない。

すべての頼り

 朴槿恵氏にとっては、崔順実氏がすべての頼りだったのか。2016年10月、謝罪会見で朴槿恵氏は崔順実氏について「苦しかった頃、助けてもらった縁だ」と説明した。

 2017年1月、崔順実氏は憲法裁判所での弾劾審理で、「どうして大統領のもとを去らなかったのか?」と聞かれ、こう答えている。

 「全斗煥(チョン・ドファン=1931年生)政権時代に圧迫を受けほとんど家にいるような状態だった。個人的なことをしてあげる人も周辺にいなかった」などと語っている。

 大統領の娘として青瓦台で育ち、その後、母親が殺害されて以降は「ファーストレディー役」も務める。そんな朴槿恵氏は、父親の死去で突然、普通の生活をすることになる。

 「独裁者の娘」に対して、世間の目はさぞ厳しかったことだろう。それよりも、何よりも、「一般国民の生活」などしたことすらない。崔順実氏が唯一の心の拠り所だったのか。

食事を取り分ける崔順実氏

 筆者は、崔順実氏のスキャンダルが表面化した頃、こんな話を知り合いから聞いた。

 1990年代半ば頃。テレビ司会者として活躍していた知人は、ある地方のテレビ番組に朴槿恵氏に出演してもらった。放送が終わり、地方局幹部と昼食に出かけた。

 朴槿恵氏の隣に座って、料理を取り分けるなどせっせと世話を焼く女性がいた。遠くに座っている人の前にある皿からも料理を持っていく。

 「なんだこのおばさんは?」と思ってよく見ると、自分で食べるためではない。朴槿恵氏の好物を一生懸命、運んでいるのだ。図々しさと、朴槿恵氏との親密さが印象的だったが誰にも挨拶もしない。朴槿恵氏も特に紹介もしない。

 この知人は、地方局の役員に、後で「あの女性は誰なのか?」と聞くと、「ああ、崔太敏の娘だよ」と答えた。崔順実氏だ。

 知人は、昨年来のスキャンダルを聞いて、取り分けられた料理を黙々と口に運ぶ朴槿恵氏の姿を思い出したという。朴槿恵氏自身、会見で「長年の関係で警戒心が緩んだ」と語っている。

 あれだけ自分に厳しく、家族に厳しかったと言われた朴槿恵氏が、崔順実氏だけは「例外的存在」だったのだ。

全斗煥回想録

 「側近」といえば、崔順実氏の憲法裁判所での証言で名前が出た全斗煥元大統領も、朴正熙氏に引き立てられて、「側近」の1人に浮上しつつあったころ、親分が暗殺された。このチャンスをつかみ、大統領に登りつめた。

 この全斗煥氏が、こともあろうか、朴槿恵氏がソウル中央地裁で逮捕状の審査を受けた3月30日に近く出版予定の「回想録」の内容を韓国メディアに公開した。

 どうして今の時期に回想録なのか。

 「韓国で最も嫌われている過去の指導者」ではあるが、内容は興味深い。朴槿恵氏父娘に関する部分だけを紹介する。

 全斗煥氏は朴槿恵氏が2002年に大統領選挙への出馬準備をしていたとき、協力を要請されたが断ったエピソードを明らかにした。

 「朴槿恵氏を取り巻く環境や能力から見て無理な欲だと思った。失敗した場合、お父様を辱めることにもなると考えた」と述べている。

 また、朴正熙氏の死去後、金庫から出てきた「9億5000万ウォン(1円=10ウォン)は個人のお金だということで、朴槿惠氏に渡した。朴槿恵氏は後で、父親の暗殺事件の真相解明に使ってほしいといって3億5000万ウォンを持ってきた」と明らかにしている。

 さらに、朴正熙氏の死去後、「いろいろと物議をかもしていた崔太敏氏を前方の軍隊に配置して隔離した」ことも明かした。

 全斗煥氏は「私を‘朴正熙氏の批判的継承者’と見る向きもあるが、私が裏切ったなどということは、とんでもない話だ」とも述べている。

 この時期に、どうしてこんな内容の「回想録」を出すのか?

 朴槿恵氏への意趣返しか。朴正熙氏をいまも支持する保守派に対する「言い訳」か。はたまた、10年ぶりの政権交代の可能性が高まっている中で「光州事件」など自分がかかわった事件に対して言いたいことをすべて言い切ることか。

 全斗煥氏は1931年生でもう80代後半だ。「このままでは死んでも死に切れない」との思いなのか。韓国の大統領経験者の末路は、すさまじいの一言だ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

筆者:玉置 直司