こもり・しげたか/1963年東京大学卒業後、富士写真フイルム(現富士フイルムホールディングス)に入社。2000年代表取締役社長、03年代表取締役社長兼CEOに就任。12年6月より現職。 Photo by Masato Kato

写真拡大

ヘルスケア事業売上高1兆円の目標を掲げ、M&Aを強化する富士フイルムホールディングス。かつての写真フィルムメーカーから業容を大きく変貌させた古森重隆会長兼CEOに、次の「青写真」を聞いた。 (「週刊ダイヤモンド」編集部 鈴木洋子)

──武田薬品工業子会社の和光純薬工業を1547億円で買収しました。

 和光が加わることにより、再生医療で世界のトップランナーになれる。iPS細胞の事業では細胞の製造、培養に必要な足場材、そして養分となる培地の三つの技術が必要です。製造は、この分野で世界最大手の米セルラー・ダイナミック・インターナショナル(CDI)が傘下にありますし、足場材は写真フィルムの研究で開発した素材があったが、培地はなかった。和光はここに強い。今回の買収でiPS細胞の製造事業に必要な要素は全部そろいました。

 和光は試薬にも強く、当社が注力するインフルエンザなどの早期診断を臨床現場で行う体外診断薬事業などで協力し合える。販売面でも、当社の海外ルートと和光の国内の病院や大学などのルートを相互活用でき、技術・商品・販売全てでシナジーが期待できます。

──2008年に「18年までにヘルスケア事業の売上高を1兆円に伸ばす」という目標を掲げました。

 和光を足しても5200億円でまだ足りませんな。でも、諦めていませんよ。当然補う手段を考えている。一つはわれわれが仕込んだ薬の上市ですが、18年までには間に合わない。それから中国や東南アジアへの販売の拡大。先日、中国第二のコングロマリットの華潤実業と提携しました。いろいろな販売チャネルを持っているので、うちの製品や薬を販売できる。最後にM&A。現在の事業ポートフォリオでは診断機器が若干足りない。(入札に参加していた)東芝メディカルシステムズを買えればよかったんだけど、まあしょうがないわな。薬品事業なども含めて、あらゆる可能性を検討しています。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)